ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「なにも考えずに Facebook で食べ物の投稿を毎日のようにしている」馬鹿野郎どもは、リスト機能を使え

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はごとうこうたろうさんのブログ『世界はあなたのもの。』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/277248をごらんください。

「なにも考えずに Facebook で食べ物の投稿を毎日のようにしている」馬鹿野郎どもは、リスト機能を使え


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/1232.jpg

はてなブックマーク経由で Googleリーダーに以下の記事が流れてきた。一読して肺腑をえぐられた。ステーキ食ってる場合じゃねえ。

突然ですが、なにも考えずにFacebookで食べ物の投稿を毎日のようにしている方々に言いたいことがあります。

あなたのFacebook友達の中に、アフリカで内戦後で飢餓に苦しんで、助けを求めるためにFacebookをやっている人もいるかもしれません。

インターネットを通して、グローバル化しています。人類のための何ができるか考える人たちが増えて!と願います。おいしい食べ物をあなたが食べていることを公表することによって人類幸せになるのでしょうか??

Jun Yvonne Kitamura
2012年11月24日
https://www.facebook.com/jun.y.kitamura/posts/5001134034433

コメントでも「同感」「奥深い」「反省した」「気づきを得た」などといった共感・感動・感謝の言葉が寄せられている。さすが実名顕名の Facebook。どっかの某はてなブックマーク*1とは大違いだ。俺もまったくもって同感である。本当に他人の苦しみや痛みに対しての想像力が欠けた馬鹿野郎が、Facebook には多い。そんな馬鹿野郎は即刻 Facebook をやめるべきだ。

*1:「突然ですが、なにも考えずにFaceboo… | Facebook」 2012年11月24日 『はてなブックマーク』
http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.facebook.com/jun.y.kitamura/posts/5001134034433

しかし、飢餓や貧困や圧政下にある友人の苦悩に思いを馳せつつも、それでも幸せな自分もアピールしたいという、二律背反的な状況に置かれてしまい、心が千々に乱れる人も多いと思う。

でもご安心を。Facebook にはそんな時に便利な「リスト」という機能があります。以下、ライフハック的なテクニックをぷちっとご共有。

ここでは食い物の写真をアップする場合を例にして説明していきます。友人をグループ化する「リスト」を事前に作成しておくのですが、リスト名は自分以外には非公開なので分かりやすい名前をつけておくといいでしょう。ここでは【飢餓】としました。そしてこのリストに、飢餓状態にある友人を追加しておきます。もちろんリストに加えられたかどうかも、非公開です。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2120.jpg

投稿の内容に応じたリストを作成して下準備は完了です。あとは、写真をアップする際に公開範囲を設定します。【友達】のうち【飢餓】のリストに含まれている人を除外。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/377.jpg

これで、飢餓状態にある友人にステーキの写真をさらす、などといった無神経極まりない投稿を避ける事ができます。よかったですね。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/459.jpg


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/543.jpg

さらに、【飢餓】の他にも【圧政下】や【貧困】などといったリストを作成しておけば、例えば毛沢東のプラカードを掲げた写真や、日曜日に家族とディズニーランドに遊びに行った写真などをアップする際にも、該当するリストを公開範囲から除外することによって、人を傷つけずにすみます。

でも一番の解決策は、やっぱり Facebook をやめることです。一人でも多くの方が飢餓や貧困や圧政から救われることを願ってやみませんし、みなさんもそのためになにができるかを、「いいね!」する手をとめて、考えてみてください。

いろんな意見が出る投稿だと思いますが、どんどんシェアしてください。

(2012年11月25日追記)

関連記事をもう一本書きました。

「突然ですが、なにも考えずに Facebook で MacBook Air 購入報告をしている方々に言いたいことがあります。」 2012年11月25日 『世界はあなたのもの。』
http://d.hatena.ne.jp/the-world-is-yours/20121125/p2

関連本。日本で Facebook をやるなら、読んでないとモグリです。俺はモグリなので読んでません。

「フェイスブック 私たちの生き方とビジネスはこう変わる (現代プレミアブック) [単行本(ソフトカバー)]」 イケダ ハヤト(著) 『amazon』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062950693/

執筆: この記事はごとうこうたろうさんのブログ『世界はあなたのもの。』からご寄稿いただきました。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP