体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宝くじの1等が当選する確率は? 1500万円分(約50000枚)の宝くじを購入した結果をシミュレート

エンタメ

今年の年末ジャンボ宝くじは1等前後賞合わせてなんと6億円という史上最大の金額で話題になっている。ちなみに1等4億円は68本、前後賞の1億円が136本なのだそうだ。一見した感じでは「毎年200名以上が億万長者!」とまさにドリームジャンボの名に相応しい夢を見られるのだが、実際その当選確率は何%ぐらいなのであろうか?

調べていくうちに、砂漠の砂の中から金粉を探し当てるほど、1等の当選確率が低いということが判明した。これが以下のデーターである。

データーによれば1等の当選確率は驚くことに1000万分の1である。これは交通事故で死ぬ確率が1万分の1なので、それよりもはるかに低い確率。カジノと比較すると、カジノで億万長者になる確率が60万分の1なのだそうだ。カジノよりも億万長者になる確率はずっと低いのである。

さらには元金が返ってくる7等で10分の1。当たった! と喜べる当選金額10万円分でも1万分の1である。これでは割に合わないのではないだろうか。

「ここで買えば当たりやすい」といわれる“高額当選したという宝くじ売り場”も存在するが、実のところ、どこの店でクジを購入しようが当選確率に変わりはない。その売り場で大勢の人間が宝くじを購入すればするほど、その売場での高額当選者は出やすくなるからだ。なので、どこで買おうが行列をなして並んで買おうが、当選確率は全く一緒だというのが答である。

しかしながら買わなきゃ当たらないというのも事実であるし、実際に当選したラッキーな人も存在することは忘れてはならない。

だが、その大金を手に入れるためには1枚300円のリスクを支払い、1000万分の1を目指してどれだけの可能性でドリームチャンスをゲットできるのだろうか?

そこで『web宝くじシミュレーション』というものがあったので、これでシミュレーションしてみた。(2011年度バージョン)

http://homepage2.nifty.com/kaz/takarakuji/sim-nenmatsu.htmlより

100万円購入したシミュレーション

当選金額:25万1200円
収支:-74万8700円

150万円万円購入したシミュレーション

当選金額:36万円
収支:-114万300円

1 2次のページ
横山緑の記事一覧をみる

記者:

暗黒放送Pの横山緑(フリージャーナリスト)は言論弾圧を許さず、マスコミどもが目を背けるニュースを記事にする日本執筆倶楽部2位のプロのライターだ。仕事よこせ!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会