ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Snapdragon S4 Plus MSM8x30の性能が明らかに、CPUクロックは最大1.4GHz

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Qualcommが最近中国で同社のモバイル向けプロセッサ「Snapdragon S4 Plus MSM8x30」に関する説明会を開催したそうです。その時使われたスライド資料やMDPを使ったベンチマークスコアなどの情報がCNMOで公開されていました。MSM8x30は既報の通り、28nmプロセスで製造されSnapdragon S4 Plusに属するSoC。CPUはCortex-A15ベースのKraitコアを2つ、GPUはAdreno 305を搭載します。SoCには通信モデムも内蔵されており、対応する通信方式によってモデル分けされています。これまでに発表されているのは、MSM8930、MSM8230、MSM8630の3種類。このうち、MSM8930を搭載した初(だと思う)のスマートフォン「HTC One VX」が最近米国で発売されました。MSM7830は、GSM/WCDMA/CDMA/TD-SCDMAに加えて、LTE(FDD/TDD Cat 3)に対応したSoC。MSM8230はWCDMA/TD-SCDMAに対応したSoC。MSM8630はWCDMA/CDMAに対応したSoC。Qualcommが同社のWEBサイトで公開しているMSM8x30のスペックシートでは、CPUクロックは最大1.2GHzとなっていますが、1枚目の画像によると、最大1.4GHzというのもアリみたいです。

MSM8x30のベンチマークスコアも公開されていました。アプリを走らせたのはLTE対応のMSM8930を採用したスマートフォン型開発プラットフォーム(MDP)とのことです。MDPの詳細仕様は不明ですが、Quadrantでトータル5763。Antutuでトータル8078。VellamoのHTML5ベンチで2105というスコアを出しています。性能的には現在多数出回っているSnapdragon S4 MSM8x60、 MSM8960端末と変わらないようです(どちらかというとMDPのスコアの方が高い気がします)。

Source : CNMO



(juggly.cn)記事関連リンク
Lenovo、5インチディスプレイを搭載したAndroid 4.0スマートフォン「LePhone S890」を発売
ASUS、Padfone 2をロシアと香港で発売、Android 4.1(Jelly Bean)へのアップデートを近々提供
11月26日より東京メトロ 東西線・丸ノ内線における携帯電話サービスの提供エリアが拡大

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。