ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

個人でもvitaやDSiのゲームが作れる時代に? 自主制作ゲームのイベント開かれる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ロケテゲームショウ
2012年11月11日(日)板橋区立グリーンホール にて『東京ロケテゲームショウ』が開催され、約30のサークルが自主制作したゲームを展示、参加者を楽しませた。『東方Project』の二次創作作品やオリジナルのWindows用アクションゲームだけでなく、PlayStation VitaやニンテンドーDSi/3DSで動くソフトが発表されるなど、多様なゲームが発表された。

自主制作ゲームって?

昨今のゲームでは家庭用ゲーム機であるPlayStation3やニンテンドー 3DSだけでなく『Ib』『青鬼』『ゆめにっき』というフリーゲーム、『東方Project』『ひぐらしのなく頃に』『月姫』など同人ゲーム、個人開発のスマホアプリなど多様なゲームが生まれている。こうした自主制作ゲームはフリーゲーム、同人ゲーム、インディーズゲームと様々な名称で呼ばれている。海外では『Minecraft』が有名で、多くのソフトがXboxでプレイできたり、『Steam』という販売サイトにて購入ができるなど市場が広がっている。

飯田さん
『東京ロケテーゲームショウ』はそうした自主制作ゲームの開発者が交流したり、開発中のゲームを展示して意見交換をするイベントだ。プロ・アマ問わずゲームを発表しており、中には『巨人のドシン』等で有名なゲームクリエーター飯田和敏氏の姿もあった。やはり作成中のゲームを公開して、来場者の意見を伺いたいとのことだ。

アマチュアが作ってしまうゲームの数々

サークルぜろじげんは、PlayStation Vitaで動作するポーカーゲーム『Royal Red Royal(仮題)』を展示。PlayStation Vitaは現在一般の開発者でも使える開発ツールが公開されており、誰でも開発することができる。ゆくゆくは8か国語に対応して公開する予定だという。

3DS
ニンテンドーDSi/3DSで動くソフトの展示もあった。DSiウェア『プチコンmkⅡ』を用いて作られたパズルゲームで、QRコードや無線通信をつかって配布をすることができ、『プチコンmkⅡ』上で動作する。簡単なものしか作れないとはいえ、DS上で自由にソフトが動くのは面白い。

また、フリーゲームを自主制作するにはおなじみになっている簡易言語HSPによる『HSPプログラムコンテスト』の入賞作品展示やJavaScriptでゲームを使うためのライブラリ『enchant.js』ブースなど、まさに現在の自主制作ゲームにまつわる世界が一覧できる展示会であった。

(伊予柑 [NKH]ニコ生企画放送局

カテゴリー : ゲーム タグ :
伊予柑の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。