体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山根一眞氏「東京のそうじ」との奇妙な一致点……佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る(第6回)

表紙

かつての取材仲間の著作からも

今回はノンフィクション作家・山根一眞氏の著書『ドキュメント 東京のそうじ』PHP研究所、1987年12月刊行と佐野眞一氏の『日本のゴミ』講談社、1993年8月刊行を比較検証したい。
山根氏と佐野氏は1947年生まれで同い年、未だ若かりし頃に、小板橋二郎氏のもとでデータ記者として切磋琢磨した関係でもある。
山根氏が「一真」いう名前から「一眞」に表記を改めると、程なくして佐野氏も「真一」から「眞一」に氏名表記を改めた(注・文末の【訂正】を参照下さい)。
山根一眞氏は『メタルカラーの時代』シリーズ(小学館文庫、全15巻)など多くの著作をもつ、ノンフィクション界のトップランナーである。

山根本P131 山根本P132

昭和五三年に姿を現した埋め立て地、二三ヘクタールの城南島である。
 城南大橋を下るとY字路に出て、左へ折れると七〇を数える工場や倉庫に至るが、直進方向はまだほとんど手がつけられていない。
 どこまでも鉄条網に囲まれたまっすぐなそのアスファルト道路の両側は、茫漠(ぼうばく)と雑草が繁っているだけで、何もない。路上にはせわしく往復するダンプカーが撒(ま)き散らしていった泥でいつも汚れている。舗装道路にもかかわらず、晴れた日には泥埃が舞い、雨の日は泥濘(でいねい)が蠢(うご)めく。その他にここで動くものといえば、機首を下げ脚を出し終えてB滑走路を目前にした銀色のジャンボジェット機が地上をなぞっていく巨大な影だけである。心がなごむものは何一つ見えず「東京の一等僻地(へきち)」と揶揄(やゆ)される。土埃と雑草、そして間断ないダンプカーだけの一本道は、やがて行き止まりになる。》

(山根一眞『ドキュメント 東京のそうじ』PHP研究所、1987年12月刊行、131~132ページ/読みにくい漢字には取材班がルビを振った)

七八年に埋め立て工事が完了した東京湾・城南島の動物愛護センターに行くには、JRの大森駅から背の高い雑草群が生い茂る鉄条網ぞいの一本道を車で二〇分以上走らなければならず、付近の建物といえば、寒々とした倉庫群しかない。道路は舗装されているが、激しく行きかうダンプカーが絶え間なく砂埃をまきあげ、あたりにあるものをなにからなにまで白茶けさせている。ここと指呼の間には羽田空港の滑走路があり、ジャンボジェットの巨大な機影が、間断なく上空をおおっている。だが、そうした近代的都市景観は、かえってこの土地を、荒涼たる光景にみせている。山根一眞の『ドキュメント東京のそうじ』によれば、人はここを「東京の一等僻地」と呼びならわしてきたという。

(佐野眞一『日本のゴミ』講談社、1993年8月刊行、359ページ)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。