体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ネギマガ】初音ミクが香港のコンサートでまさかの歌詞を間違え!? 別の曲の出だしを歌ってしまう

10月2日に香港でそして昨日10月6日に台湾で行われた初音ミクのコンサート『ミクパ』は大盛況で終わった。その模様は『ネギマガ』でもお伝えしたので詳しい内容はそちらをご覧頂きたい(記事:http://getnews.jp/archives/259861)。
そんな日本以外でのアジア初のコンサートでは初音ミクも緊張していたようで、ちょっとしたミスがあったようだ。

香港コンサートの方で『Tell Your World』を歌い終わった際にちょっとしたミスがあったのだ。『Tell Your World』が歌い終わって曲が終わろうとしているときに、別の曲である『こっち向いてBaby』の出だしの歌詞「強がってばっかでなんか 損してる気がする だってそうじゃん」と歌ってしまったのだ。
さすがのバーチャルアイドルでもこうして歌詞を間違えることがあるのだ。これは初音ミクを人間らしくするための演出だと言われている(運営のミスかもしれないが……)。

香港のファンもそれをわかっているのか、「ミク!ミク!ミク!」と動揺せず応援を続け会場は大賑わいだ。『こっち向いてBaby』はミクパでも歌われた楽曲。『初音ミク -Project DIVA- 2nd』のテーマソングでもある。
そう、『ミクパ』と言えばセガの技術によって実現されたライブコンサートである。2010年のミクパでセガが透過スクリーンを導入し、あたかもそこに居るかのような演出に成功。2011年のミクパは5pb主催となり少し規模が変わってしまったが、今回の台湾と香港のミクパでも透過スクリーンが採用されている。

日本では先日横浜の赤レンガ倉庫にて水上投影を行い、水上の巨大な初音ミクが話題となった。バーチャルならバーチャルらしく今回のような歌詞を間違える演出もファンにとっては嬉しいかもしれない。仮に運営のミスだったとしてもレアな場面を観ることができた。

初音ミク 香港コンサートで歌詞を間違える

※画像はテレビ映像より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。