ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋のアレルギーは『秋の花粉』と『ダニの死骸』に要注意

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


台風一過のあと、さわやかな秋風が…と思っていると妙に目鼻がかゆい。そんな経験をしている人はいませんか。実は秋は、アレルギーの多い季節なんです。秋になるとかゆくなる2大原因は「秋の花粉」と「ダニの死骸」と言われています。早速チェックしてみましょう!

 

秋の花粉症とは

 

秋の花粉症とは、秋に花を咲かせるイネ科やキク科の植物の花粉によるアレルギー症状です。有名なものに以下のものがあります。

 

ブタクサ
ヨモギ
カナムグラ
カモガヤ

 

春の花粉症がスギやヒノキといった樹木の花粉であるのとは違い、秋の花粉は身近な草木の花粉が原因です。夏の疲れが出る時期と重なるため、風邪と間違いやすいのも厄介なところです。

 

風邪との見分け方は以下のとおりです。

 

・サラサラした鼻水がでる
・目がかゆい
・晴れた日に症状がひどい
・かゆみや鼻水などの症状が1ヶ月以上つづく

 

当てはまる症状が多いようなら、秋の花粉症かもしれません。耳鼻咽喉科やアレルギー外来にかかってみましょう。

 

秋にダニの死骸が増える理由

 

アレルギーの原因となることで有名なダニ。ふとんや畳、衣服、ホコリの中などに生息しています。アレルギー性のぜんそくやアトピー性皮膚炎の原因になりやすいので、イヤだという人も多いですね。

 

ダニが厄介なのは、生きている間だけでなく、糞や死骸もアレルギーの原因になるということ。ダニは梅雨時から夏に繁殖のピークを迎えたあと、乾燥がすすむ秋から冬に死滅していきます。夏の間に発生したダニの死骸をしっかり駆除しておかないと、秋の間中、アレルギー症状で苦しむことにもなりかねません。

 

ダニは乾燥が苦手なので、『布団を干す』『洗濯のあとはよく乾燥させる』『ホコリを舞い上がらせない』『マメに掃除機をかける』『マスクをする』などの対策が有効です。

 

秋は過ごしやすい季節、というイメージが強いですが、花粉やダニに注意が必要な季節でもあります。楽しい秋を過ごすためにも、「ちょっとかゆいな~」と思ったら、秋のアレルギー対策をしておくといいですね。

 

photo credit: Gilles San Martin(http://www.flickr.com/photos/sanmartin/5247996458/)via photopin cc

※この記事はガジェ通ウェブライターの「相澤マイコ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP