体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の国民はスウェーデンより“高負担”、そして“低福祉”が貧困を拡大している

sukuramu

日本は豊かな国ではないかもしれない。豊かになれる可能性は十分にあるのに。税率を上げて国民が生きていけないような国にはして欲しくはない。今回はスクラムさんのブログからご寄稿いただきました。

日本の国民はスウェーデンより“高負担”、そして“低福祉”が貧困を拡大している
自民党の総選挙マニフェストは、近い将来の消費税率アップを含めて“中福祉・中負担”をめざす方向性を明示しています。ということは、日本の現状を“低福祉・低負担”であると自民党は認識しているわけです。

しかし、日本の現状は、“高福祉・高負担”国家と言われているスウェーデンよりも国民が“高負担”を強いられている“低福祉・高負担”国家であることを示すデータがいくつかありますので紹介します。

まず、内閣府の経済社会総合研究所による調査には次のように書かれています。
———–以下引用

スウェーデンの高福祉を支える国民負担率を日本と比較すると、両国の社会保障給付費を対GDP比で見て、スウェーデンの52%に対し、日本は27%となっており、スウェーデンは日本の約2倍である。同じく対国民所得比でみると、スウェーデンの75%に対し、日本は35%となっている。ただし、社会保障給付金等を除いた「再修正国民純負担比率」で見ると、逆転して日本のほうが高くなる(編集部注:“高負担”の例。日本が14%に対してスウェーデンが11.9%)。

sukuramu_101

図1:日本とスウェーデンの国民負担率対比表(対GDP比)(1998年)
http://ameblo.jp/kokkoippan/image-10322484639-10234684924.html

また、出産・育児等、家族政策(育児の社会負担)関連の給付の対GDP比は日本の約7倍、高齢者・障害サービス関連の給付の対GDP比は日本の約10倍、雇用政策関連の給付の対GDP比は日本の約4倍である(編集部注:“低福祉”の例)。

sukuramu_201

図2:社会保障費給付水準の2ヵ国比較
http://ameblo.jp/kokkoippan/image-10322484639-10234685261.html
———–引用ここまで
※『スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査』(2005年7月)「第2章第6節 スウェーデンと日本の国民負担の比較」より引用

みずほコーポレート銀行顧問・元駐スウェーデン大使の藤井威(ふじいたけし)氏による、スウェーデンを含む欧米諸国と日本を比較した調査結果でも、日本は再修正国民純負担率が14%と、比較的“高負担”国家です。

sukuramu_301

図3:日本とスウェーデンの国民負担率対比表(1998年)
http://ameblo.jp/kokkoippan/image-10322484639-10234685562.html
※経済社会総合研究所経済政策フォーラム『出生率の回復をめざして – スウェーデン等の事例と日本への含意』〈2004年6月25日〉の基調報告資料より引用

さらに、損保ジャパン総合研究所主任研究員・卯辰昇(うたつのぼる)氏の報告でも、以下の数字のように、スウェーデンと欧米先進主要国と比較して、日本の「国民負担率」がもっとも高くなっています。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。