ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレ朝『報道ステーション』で楽曲の無断使用が発覚

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


テレビ朝日の『報道ステーション』で楽曲を無断使用されたとしてその経緯を本人がTwitterで明かし、話題となっている。
楽曲はJASRAC等に権利を預けずにインディーズで発表したもので、無断使用は知人が発見したとのこと。

報道ステーションで使用されたその楽曲は、2008年に国内インディーズレーベルから発売されたClubJazzのコンピレーションアルバムに収録された楽曲の中の『Inva na Nanthy』というタイトルの作品である模様。権利者であるとするカズワタベ氏のTwitterによると、『報道ステーション』のサッカー澤登氏のコーナーで過去に何回か使用されたいたようだ。そのことはテレビ朝日側でも確認されているらしい。テレビ朝日はカズワタベさんの問い合わせに対し、「著作権部と話しながら調査しており、今後詳細がわかり次第、きちんと権料も含めて対応させていただきたい」と丁寧に解答している。

テレビ局の番組内で使用される商用レコードの量は近年あまりにも多く、2010年以降、制度的には使用楽曲の全曲報告の方向で進んでいるものの、現場の対応としてその量の多さに追いついていけていない側面があるようだ。今回の件も番組制作側の単純な見落としである可能性が高い。テレビ局側が適正な著作権使用料を過去に遡って支払えば、問題そのものはすぐに解決へ向かうのではないだろうか。著作権を自己管理している場合、その使用料は概ねJASRACの定める使用料規定に準ずる金額で決着するので、今回のケースもその範囲内で決着するものと思われる。

著作権者がソーシャルネットワークの助けを借りることで自分の楽曲の不正使用を監視でき、使用料の支払いを個人で直接交渉する実例が出てきたのは、画期的なことではないだろうか。カズワタベさんとテレビ朝日の今後の動向が注目される。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「あらい」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP