ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ご当地名産物からドラえもんが顔を出す『どこでもドラえもん ひょっこりマスコット』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

doraemon_2

エポック社は、本体のご当地名産物を押すと隠れていたドラえもんがひょっこり顔を出す『どこでもドラえもん ひょっこりマスコット』を全国各地の名産物、雑貨店などで8月中旬より発売します。押せばひょっこり顔を出し、手を離すと引っ込む楽しい感触を何度も無限に楽しめる、クセになるご当地限定グッズです。

『どこでもドラえもん ひょっこりマスコット』は、ご当地の名産物のなかにドラえもんが隠れており、本体を指で「むにっ」と押して、ドラえもんの顔が「ひょこっ」と飛び出すキャラクターグッズ。なんともいえない弾力ある触感が思わずやみつきになる楽しさです。

doraemon_1

種類は全部で8種類。北海道の『まりもドラ』、信州の『りんごドラ』、栃木の『餃子ドラ』、東京は浅草の『提灯ドラ』、伊豆・箱根の『温泉まんじゅうドラ』、箱根の『黒たまごドラ』、大阪の『たこ焼きドラ』、沖縄の『ゴーヤドラ』があります。今後も、続々と各地の名産品の展開が予定されているとのこと。

ご当地限定販売ですので、コレクターアイテムとしても人気が出そうです。これから、ドラえもんはどのエリアの名産品から飛び出してくるつもりでしょうか?『どこでもドア』を持っているドラえもんだけに、神出鬼没といったところかもしれませんね。予定販売価格は525円(税込み)です。
 
 

■関連記事
21世紀のノビ太くんへ“未来デパート”から届く『Myドラえもん』ロボット
オリジナルフィギュアがカンタンに作れる!『ペラモデル』サンプルを作ってみた
デスクにウルトラ怪獣を並べて遊ぼう!『ダダマニア』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。