体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガジェ通日誌「有料メルマガは魔法の道具じゃない」

新連載「安田純平の戦場サバイバル」

新連載「安田純平の戦場サバイバル」

安田純平さんによる新たな連載がスタートしました。
1回目は、連載開始にあたっておこなったインタビューの内容を掲載。

安田純平の戦場サバイバル~政府軍によってジャーナリストが殺害される国、シリア
http://getnews.jp/archives/245579

安田さんは戦闘の激しい海外紛争地に入って取材を続けておられる戦場ジャーナリストです。
僕も少しお話をきかせてもらいましたが、面白く興味深い話がたくさん。
安田さんは6月23日から7月30日まで激しい内戦が続くシリア市内を取材しておられましたが、連載はシリアにどうやって入ったのかというところから始まる予定です。

有料メルマガは魔法の道具じゃない

niconicoの「ブロマガ」発表からはじまったメルマガ議論たいへん興味深く読みました。メルマガ自体は枯れた道具だと思ってたので、再びこうやって議論が再燃するのを見て面白いなーと思いました。

伊藤直也さんの
「アルファブロガーとか言われてた人のメルマガって、一線退いた芸能人のその後のディナーショーみたいなもんでしょ? 嫌すぎるよねw」
という挑発はなかなか刺激的ですがそれなりに的を射ていたと思います。

今回の議論を見ていて、意外と「有料メルマガは魔法の道具」だと思っていた方が多いんだなということに気づきました。有料メルマガを出せば誰でも儲かるんじゃないか、というイメージ。しかしそれは幻想であって、現状は例えば本を出せば売れる人、もともとファンが多い人(タレント化した人)じゃないと有料メルマガをやってもそんなに儲からないのではないかと思います。

また、有料メルマガをはじめたからといって無料の方をやめるわけにもいきません。やめちゃうと、有料のメルマガの読者が増えないです。今までの活動を続けつつ、新たに定期発行物を持つというのは個人ではかなりの負担です。

そこに魔法のような方法はまだ存在せず、地道に無料メルマガ、ブログ、Twitterなどでファンを集め、それに加えて一部の人に有料メルマガを購読してもらう、という形がスタンダード。要するにディナーショーモデルですね。

ディナーショーモデルは確実な方法ですが、まぁ、未来を考えると、ちょっとこれだけだと夢がない気がします。出版の世界でいう「○○賞」のような、新人発掘して押し上げる方法が確立していないため、突然キラ星のように登場して……とうい華々しいデビューがありません。ネット有料コンテンツの世界でも、そういうルートがないと夢がないですね。

単独著者名による「ピン媒体」の先にあるもの

今はファンクラブとしての側面が強いメルマガが目立っていて、コンテンツとしてはまだ未成熟で成長の余地がある状態ですが、単独著者名によるピン媒体の先には何があるのでしょう。

【有料メルマガのこれまで(ざっくり)】

情報商材とかビジネス指南、ちょっと怪しい有料メルマガ時代

タレント化した単独著者名によるファンクラブとしてうまく機能(今ココ)

コンテンツそのものが評価され雑誌的な媒体が立ち上がる(希望)

なんで雑誌的なものが必要かというと、身も蓋もないい方をすると、書き手がすべてタレント化できるわけじゃない、ということなんですね。自分の名前を冠にした媒体で食おうと思えば、ある程度自身をタレント化できないと継続できません。タレントとしてのプロ意識も必要です。それって、誰でもできるわけじゃないですし、書きながらそこまでできる人って、むしろレアです。また、ファンとしての人に対する課金ではなくてコンテンツそのものへの課金がきちんとなされないと、コンテンツが良くなっていきません。

多くの書き手のためには作り手の名前によりかからないコンテンツの苗床のような場所が必要です。チームで媒体をつくり、スーパープレイヤーが必ずしもいなくても成立し運用されていくメディア。書き手の文章をより多くの人に読んでもらうことができ、そこから優秀な書き手が輩出されていくような場所。今そこに一番近いのはウェブマガジンだと思います。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。