ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

AKB48 小嶋陽菜と島崎遥香の“まったり系”仕事術

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
AKB48 小嶋陽菜と島崎遥香の“まったり系”仕事術

日清カップヌードルの「REAL 頑張れば、きっとおいしい。」というCMキャンペーンに、アイドルグループのAKB48が起用されています。この「REAL」キャンペーンは、AKB48のメンバーにインタビューして、彼女たちの本音=REALな姿に迫る、というものなのですが、ここでチームAの小嶋陽菜さんと、チーム4の島崎遥香さんが自らの“仕事術”の話をしており、我々サラリーマンにも参考になるものだったので、引用してご紹介したいと思います。

■楽しく仕事する方法

「普段から頑張りすぎないで、自分の身の丈以上のことをしないで、いざという時にだけ頑張る。それが、一番楽しく(仕事)できます」

小嶋陽菜さんのすごいところは、「頑張ります!」って言っておけば皆が納得するのに、あえて「身の丈以上のことをしない」と公言しちゃうところだと思うんですが、この「頑張りすぎない。でもいざという時にだけ頑張る」とは、要は仕事に対してメリハリを持つということ。このオンとオフを大切にする姿勢は、業務に対してモチベーションを保つためにとても有効ですよね。サラリーマンなら頷ける方も多いんじゃないでしょうか。

■仕事が上手くいかない時にすること

「とりあえず“寝よう”ってなって。例えばダンスの振付ができてなかったけど、寝て起きたらできてることも本当にあって。頭がリセットされてるのかもしれないんですけど」

普通、ダンスの振り付けができていなかったら、「睡眠削ってでも頑張って覚えなきゃ」ってなりません? でもそれって、睡眠不足になることで疲労が蓄積してしまい、逆にパフォーマンスが落ちることにつながるんですよね。島崎遥香さんのすごいところは、困難に立ち向かうとき、あれこれ悩む前に本能的に体力を温存しようとするところ。サラリーマンなら一度は、徹夜で頑張って、結局仕事のクオリティが下がって失敗した……なんてことあるんじゃないですか?

AKB48って、どちらかというと「努力は必ず報われる」を信条とする過剰前向きメンタルが推奨されていたりするんですけども、こんな風にマッタリと、自分なりのノウハウを持って仕事に向かう人たちもいたりするんですよね。その仕事に対する姿勢の多様性が、AKB48の魅力のひとつなのかなと思っております。

画像:日清カップヌードル「REAL」公式サイト
http://real.cupnoodle.jp/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「増田不三雄」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。