体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google Nexus Q開封の儀(初期セットアップ手順や操作方法も紹介)

『Google Nexus Qを入手したので早速開封の儀を執り行います。『Nexus Q』は『Google Play』や『YouTube』上のメディアコンテンツをテレビやスピーカーなどの家電にストリーミングする“ソーシャルメディアプレーヤー”という製品。球体状の独特なデザインの筐体に、NFC・Wi-Fi・Bluetooth・HDMI出力・オーディオ出力機能を備え、Android 4.0(ICS)がインストールされています。

『Nexus Q』は6月末に米国で開催された『Google I/O』カンファレンスで発表され、同日より米国の『Google Play』ストアで予約受け付けも開始されました。一般販売は当初7月中旬でしたが、製品の改良など理由に急遽延期され、それまにで予約した方には無償提供という発表があったきり音沙汰無しという状態だったのですが、8月上旬に出荷連絡もなく配送されており、海外転送サービスを通じて、本日自宅に届きました。発表当日に予約したので、前述の通り無料提供分として(おそらく改良前のものが)発送されたのだと思います。クレジットカードに本体価格$299はチャージされてないようなので(というか、まだ発送されていないことになっています)。

では早速開封していきます。箱は『Nexus 7』のようなカラーリングの立方体の箱。高級メロンみたいなパッケージングですね。『Nexus Q』の直径は約116 mm、質量は約923g。1kg近くあるのでけっこう重たいです。

同梱品は、『Nexus Q』本体、電源ケーブル、HDMI(micro)ケーブル、スターターガイドのような1枚紙。シンプルです。

『Nexus Q』は『Galaxy Nexus』と同じTI OMAP 4460プロセッサを搭載します。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB。外部端子類、microHDMI出力端子、S/PDIF端子、バナナプラグ対応スピーカー端子、イーサネット(RJ45、10/100BASE-T)、microUSB、電源入力短sに。無線系はWi-Fi b/g/n、Bluetooth、NFCに対応します。背面の様子はジブリ作品に出ていそうなキャラクターの顔のように見えてきた……。

簡易取説です。接続方法、利用方法が記載されています。『Nexus Q』に接続できる外部機器はスピーカー等(S/PDIF端子、バナナプラグ)、HDMI機器(テレビやモニタなど)のみ。利用方法はこの後紹介しますが、『Google Play』ストアで公開されている『Nexus Q』アプリを通じてセットアップし、『Nexus Q』対応の『Google Music/Videos』、『YouTube』アプリから行います。

本体はかなり独特なデザイン。7色(かな?)に光るLEDが外周にわたり仕込まれており、近未来的な雰囲気を醸しだしています。LEDの色や光り方は曲調やテンポによって変化します。使われている材質はプラスチックの質感のあるもの。LEDから上半分はクルクル回転します。回すとボリュームが変わります。思いのほか滑らかに回転するので、触ってて気持ちいいというか……。中心部の1点が光っていますが、ここを手の平を隠すとミュートし、もう一度隠すとミュートが解除される仕組みとなっています。

1 2 3 4次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。