体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LINEアカウントは乗っ取られやすい!?LINEの仕組みと注意すべきポイントまとめ

LINEアカウントは乗っ取られやすい!?LINEの仕組みと注意すべきポイントまとめ

この記事はdid2さんのブログ『情報科学屋さんを目指す人のメモ』からご寄稿いただきました。

※この記事は2012年08月01日に書かれたものです。

※記事のすべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/243233をごらんください。

LINEアカウントは乗っ取られやすい!?LINEの仕組みと注意すべきポイントまとめ

たったの15秒間あなたのスマートフォンが操作されただけで、LINEのパスワードが奪われるかもしれません

LINE*1における「パスワード」や「アカウント」の扱いに関して、いろいろと気になる点があったので、その詳細ついてメモ+注意喚起。

*1:「LINE」
http://line.naver.jp/ja/

背景

LINEは、ユーザが急増中*2で、しかも中高生のユーザが多い*3ことから、セキュリティに関する知識や経験に乏しいユーザが多いのではないかと思います。それを考えると、今回紹介するパスワード関連のトラブルに巻き込まれないか不安に思います。

*2:「「LINE」登録ユーザー数が世界5000万人突破」2012年7月26日『MarkeZine』
http://markezine.jp/article/detail/16122

*3:「いまさら聞けない『LINE』の魅力って何?」2012年7月17日『ガジェット通信』
http://getnews.jp/archives/233656

そこで今回は、LINEにおいて「パスワードが他人に知られてしまうとどうなってしまうのか」「LINEのアカウントを守るために注意すべきことは何なのか」などの知識や注意点をまとめてみました。まとめるにあたり、LINEならではの部分に注目したので、驚くポイントも多いのではないかと思います

また、途中難しい内容もあるかもしれませんが(そここそが興味深い点ではある)、記事の最後のほうに注意すべきことを「まとめ」という章に短くまとめておいたので、「まとめ」の「対策・予防方法」だけでもチェックしてみてください

基本知識:パスワードを他人に知られたら何が起こるのか

誤解されやすいことなのですが、LINEでは、「メールアドレス」と「パスワード」を知っている人がLINEアカウントの持ち主であると扱われます。

アカウントを作るときに登録した「電話番号」は、「メールアドレス・パスワード」ペアの前に無力です

この「メールアドレス」と「パスワード」を設定することの大切さについては「機種変でLINEアカウントが消える!?今すぐ確認したい重要設定と正しい引き継ぎ手順」*4で紹介していますので、そちらをご覧ください。

*4:「機種変でLINEアカウントが消える!?今すぐ確認したい重要設定と正しい引き継ぎ手順」2012年7月17日『情報科学屋さんを目指す人のメモ』
http://did2memo.net/2012/07/17/naver-line-must-setting/

もしパスワードがバレたら

さて、ここで、AさんのLINEアカウントの「メアド&パス」を、悪意のあるBさんがなぜか知っていた場合について考えてみます。もし、知っていたら、です。このとき、以下のようなことが起こるかもしれません。

CASE1: Bさんがアカウントを乗っ取る

Bさんが、自分の所有するスマートフォンでLINEに登録するときに、Aさんの「メアド&パス」を入力したとします。すると、Bさんは、AさんのアカウントでLINEを利用できるようになります。つまり、AさんのIDで、Aさんになりすましてトークを送受信できます。このとき、Bさんにとって、Aさんの電話番号は必要ありません。

1 2 3 4 5 6次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy