体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超高速SDHCカード+ハイテクカメラ装備の『カメラ・ワン』が来た!

カメラ・ワン in 原宿

犬のカメラマン

“カメラを持った犬のカメラマン”こと、『カメラ・ワン』がやってくる?!
『カメラ・ワン』とはなんぞや?ということで、今回ガジェット通信は撮影現場である東京・駒沢オリンピック公園へとおもむいた。

この日の駒沢オリンピック公園はセミの声でにぎやかな、まさに夏日。やってきたのは、白と黒のオシャレな『カメラ・ワン』たち。

カメラ・ワン

白の毛並みは、あんこ(3歳)、黒はパーティ(4歳)。いずれもスタンダードプードルという犬種である。彼らの首に、専用のカメラをぶら下げて、“撮影”を行うというのだ。

撮影準備

※すべての写真を見るにはこちらからどうぞ [リンク]

“人”には撮れない写真を期待

ローアングルで、興味を示した方向に向くのが『カメラ・ワン』たち。
常に人より低い目線で動き回りながらも興味の対象を探すことにより、人間にはなかなか撮りづらいであろう作品が期待できる。

駒沢撮影2

しかし撮るのは「動画」ではなく、あくまで「静止画」。いったいどうやってシャッターを切るのであろうか。

カメラ・ワン専用カメラ

今回、中の構造についても見せていただけたので解説したい。

専用のセンサーを搭載しシビアなチューニング

ベースは市販のコンパクトデジカメなのだが、常に連写で撮影をしているわけではない。『カメラ・ワン』たちの“興味”が発生したタイミングで、シャッターが切られる必要がある。

カメラ・ワン専用カメラ 内部

そこで今回のシャッター装置には、加速度センサーと音声認識センサーが実装されている。

カメラ内部

加速度センサーは、「動き出し」と「動き止まり」を検出し、シャッターボタンに連動。
音声認識センサーは犬の吠え声に反応してシャッターを切る役目だ。

素組み モニタ画面

それぞれのタイミングで、自動的に連写を行うようにチューンされているのだ。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会