体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原発20キロ圏内、草が生い茂る校庭の中にサッカーゴールがぽつんとたっていた――浪江町立大堀小学校

浪江町立大堀小学校 校庭は草で覆われていた

浪江町立大堀小学校

浪江町大堀地区は、福島第一原発から北西に10キロほどのところにある。1号機の爆発直後、風が北西に向いていたため、線量の高いエリアとなってしまった。

江戸時代から「大堀相馬焼」陶芸の里として知られ、益子焼きにもその技法を取り入れられた歴史のある焼き物の産地のこの大堀地区は、今もたくさんの窯元があり、焼き物などは震災直後のままで残されている。

大堀小学校には、モニタリングポストが見当たらなかったが、大堀相馬焼協同組合の施設である「陶芸の杜おおぼり」にはモニタリングポストがあった。

7月下旬のある日の線量は14.42μSv/hだった。

小学校は特に地震の影響は見られなかった。草が生い茂る校庭の中に、サッカーゴールがぽつんとたっていた。

浪江町立大堀小学校校庭とゴールポスト

下駄箱のそばにカバンが転がっていた。

下駄箱とカバン

双葉郡の公的な建物にはたいてい「電源立地促進交付金施設」のプレートがあるのだが、この学校は簡易保険が融資して建てられたもののようだ

簡保 玄関 浪江町立大堀小学校校門

図工室。椅子は机から転がり落ちなかったようだ

図工室

校舎の入り口にあった石碑「豊かな心」

石碑「豊かな心」 浪江町立大堀小学校全景
1 2次のページ
木戸川シャケの記事一覧をみる

記者:

連載「原発20キロ圏内のリアル」で福島第一原発警戒区域20キロメートル圏内の現在の姿を写真とともにお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会