原発5キロ圏内にある名門高校「福島県立双葉高等学校」の現在の写真

Pocket
LINEで送る

2012.08.08 05:00 記者 : カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :

福島県立双葉高等学校

福島県立双葉高等学校

浜通りで一番の進学校といえば、磐城高校(福島県いわき市)だが、JR常磐線双葉駅から徒歩10分、福島第一原発からは5キロ圏内にある双葉高校は、それに次ぐ名門高校として知られている。

福島県立双葉高等学校

「楢葉標葉のいにしえの」で始まる校歌は土井晩翠の作詞によるもの。楢葉は地名として現在も残っているが、標葉(しねは)は、かつて存在した武家の名で、現在の相馬氏に滅ぼされた。双葉高校のすぐそばに標葉城跡がある。

震災時、部活中の生徒らが校内にとり残されており、その後すぐに近隣の住民らが体育館に集まってきて避難所となった。

学校の入り口に「ひなんばしょ 原子力災害時集合場所 県立双葉高校」の標識

高校OBによれば、12日に住人らが校庭で自衛隊のヘリを待っているときに、1号機が爆発したのだという。

福島県立双葉高等学校

この双葉高校の同窓会長でもあった田中清太郎元町長が、町への原発誘致を推進した。

福島県立双葉高等学校正面玄関から体育館側をのぞむ

震災後双葉高校はいわき市のいわき明星大学内にサテライト校を設けて授業を続けている。

福島県立双葉高等学校

校舎は校訓どおり「質実剛健」。無骨ともいえる作りだ。特に目についたのはプレハブ作りの部室棟。

プレハブづくりの部室棟

たまたまドアが開いていたソフトテニス部には、部員による書が掲げられていた。「念ずれば花咲く」。

ソフトテニス部には、部員による書が掲げられていた

部室の入り口には絶妙なバランスで支え合っている自転車があった。

絶妙なバランスで支えあっている自転車

電子書籍版ではより高解像度の写真をご覧いただけます『原発20キロ圏からの報告―福島県立双葉高等学校』(木戸川シャケ著)

※「原発20キロ圏内のリアル」は、福島第一原発警戒区域20キロメートル圏内の現在の姿を写真とともにお届けする連載企画です。

記者:

連載「原発20キロ圏内のリアル」で福島第一原発警戒区域20キロメートル圏内の現在の姿を写真とともにお届けします。

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket
LINEで送る

関連記事

東京電力福島第一原子力発電所が立地する福島県双葉郡。 8万人ほどの有権者のうち、5万5千人ほどが福島県内をはじめ全国に避難しています。 今週、わたしは、福島県内をはじめ、福島県外の双葉町の人々が約150人弱避難している埼玉...続きを読む

東京電力の原発事故によって影響を受け、人が住めなくなった地域の今を写真で紹介します。原発事故はまだ続いています。 福島第一原子力発電所 この動画は、最近の福島第一原発の様子を撮影したものだ。 福島第一原子力発電所の27日...続きを読む

東京電力の原発事故によって影響を受け、人が住めなくなった地域の今を写真で紹介します。原発事故は、まだ続いているのです。 富岡のサラータイ 国道6号線を北上し、富岡町に入って少し走るとちょうど右正面に福島第二原発の排気塔が見...続きを読む

東京電力の原発事故によって影響を受け、人が住めなくなった地域の今を写真で紹介します。原発事故は、まだ続いているのです。 大熊町『一日だけの避難所』 福島第一原発の1号機から4号機が立地する大熊町。その役場は除染作業の拠...続きを読む

原発事故によって影響を受けた地域の今を写真で紹介します。原発事故は、まだ続いています。 JR桃内駅 JR桃内駅は、南相馬市小高区にあるJR常磐線の駅だ。小高区は今年の4月16日まで警戒区域内に位置していたためこれまでは立ち...続きを読む

新着記事

韓国の鬼才キム・ギドクがエグゼクティブ・プロデューサー・脚本・編集を務め、2013年「第26回東京国際映画祭観客賞」を受賞した映画『レッド・ファミリー』が10月4日(土)より新宿武蔵野館他全国公開。個人的な話で恐縮ですが、筆者はこの映...続きを読む

LINEのメッセージが届いたとき、すぐに読みたいけど「既読にしたらすぐに返事しなきゃ感じが悪いかも?」と思う人が多くいるようです。そんな気持ちになるので「読みたいけど読まない」という人は少なくないようです。 でも...続きを読む

新宿西口から発着する高速バス利用者の待ち合わせ場所としてもおなじみの新宿スバルビル。実は8月に富士重工が本社を移転し、本社機能としてはその48年の歴史に幕を閉じていたのをご存知でしょうか。 ※すべての画像が表示されない場合はコチ...続きを読む

「イギリス」と言われると、私たちは一つの国というイメージを抱きがちだ。そのため、今問題になっている「スコットランド独立」というと、ピンと来ない方も多いのではないだろうか。 United Kingdom of Great Brit...続きを読む

最近、腕時計型や指輪型などのさまざまなウエアラブル端末が続々と発表されている。それぞれ便利な機能を搭載しており、実際、ウエアラブル端末を利用している人もいるのではないだろうか。 そんな中、最先端のメガネ型ウエアラブルデバイス「M...続きを読む