体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロンドンオリンピックは「Twitterオリンピック」を楽しもう “侍ハードラー”為末大さんが語るソーシャルメディア活用術

ロンドン五輪は「Twitterオリンピック」を楽しもう “侍ハードラー”為末大さんが語るソーシャルメディア活用術

7月19日に渋谷・スペイン坂の『ロンドンオリンピック応援グラソー ラウンジ』で行われたオープニングイベントにゲストとして登場した、3大会連続でオリンピック出場経験を持つ元陸上競技選手の為末大さん。今年のロンドンオリンピックはソーシャルメディアが解禁されたことに注目していると語った為末さんは、『Twitter』では10万人を超えるフォロワーを集め、『Facebook』も活用して情報を発信するソーシャルメディアの達人です。ガジェット通信はイベント終了後の為末さんにインタビュー。ご自身のソーシャルメディア活用術やロンドンオリンピックの楽しみ方についてお話をうかがいました。

ソーシャルメディアはどう使い分ける?

ガジェ通:為末さんはネットのニュースサイトはよくご覧になりますか?

為末:『ロケットニュース24』とか『ガジェット通信』もそうですし、あとは『GIZMODO』のアメリカ版と日本版……家にいるとずっと見てます。新しもの好きなんでしょうね。先端のもの、エッジが立ったものが好きで。

ガジェ通:そうなんですか! 為末さんは『Twitter』を使われていて、『Facebook』もブログも使われていますよね。それぞれ、どのように使い分けていらっしゃるのでしょうか。

為末:僕は“字”でやってる感じが強いんですよ。文字で表現することが多いので、『Twitter』とかブログが主軸なんです。『Facebook』は興味ある記事を持ってきて流していることが多いですね。

普通の人がブログでやっている機能を『Twitter』でやっている感じですかね。リアルタイムでブログを1000文字ぐらいで書く。『Twitter』でよく佐々木俊尚さんがやっているキュレーションみたいなことを『Facebook』でやっている……1コずつずれているような印象ですね。ブログは公式に自分が思っていることを発表するときに書いていますね。

ガジェ通:『Twitter』ではひとつのテーマを何回かに分けて書き込んでいくスタイルをよく目にしますが、それは事前にテキストを用意しておいて、それを分割してツイートしているのでしょうか。

為末:いや、あれは題だけ決めてあるんです。タイムリーな話題や気になったことを『iPhone』のメモの中に入れてあって、そこから見つけてきてガタガタガタっと書いている。

フォロワーとの対話で内容が変わることも

ガジェ通:書いている途中で、読んでいる方のリアクションがあると思うのですが、それによって内容が変わっていったり。

為末:それもありますね。途中で書きながら分からなくなって方向が変わったり、題とずれていくことがあるんですけど……。今日のイベントのインタビューみたいな感じですね。しゃべっていると場の空気によって言うことが変わっていったりする感じが好きみたいで。それでそういうスタイルをとっている。

ガジェ通:フォロワーのユーザーさんから質問が来たりするときに、なかなか全部答えるのは難しいと思うのですが、フォロワーとコミュニケーションをとるときにはどういう方針でいらっしゃるのでしょうか。

為末:基本的に、来るものに関してはなるべく答えようとしているのですが、やっぱり20~30コのうちに1コとか、そんな感じだと思うんですよね。でも答えること自体はあまり嫌いじゃないです。ときどき誤解があったりして叩かれることもありますけど、ああいうのも含めてすごく面白いなと思います。本当に言いたかったことが質問によって浮き上がってきたりして、それはいいことだし、新しい感じがしますね。

ガジェ通:そういうディスカッションの場としても『Twitter』を活用されている。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。