体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

痛車施工業者に潜入取材! 痛車オーナーと猫が集まるハルヒ自動車

痛車施工業者に潜入取材! 痛車オーナーと猫が集まるハルヒ自動車

最近は街中でもチラホラとアニメキャラクターなどのステッカーがボディに貼られた、“痛車”と呼ばれる車を見かけるようになった。アニメ関連のイベントになれば多くの痛車が集まり、痛車の専門雑誌も出版されて、以前に比べ痛車の認知度は上がってきているように思われる。だが疑問に思ったのは、施工をしているのは、いったいどんな業者なのだろうか? ということだ。「痛車できます!」なんて看板や広告は、見たことがない。

そこで、インターネットで筆者が住む大阪周辺の痛車を制作できる業者を検索をしてみることから始めた。いくつかキーワード検索をしていると、なんと筆者の自宅から車で20分もかからない場所に痛車制作をしている業者を発見することができた。“ハルヒ自動車”――これは間違いなくアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』を意識したに違いない! しかし住所から地図を確認してみるが“ハルヒ”の文字が見当たらない。おかしい、住所はこのあたりなのに……、もう一度、同じ番地内にある工場地区の社名を確認していく「○○工業、□□株式会社、春日自動車……っ!?」これは春日(カスガ)じゃない! ハルヒだ! 早速メールでアポイントをとり、潜入取材(と自分の見積もり)を行うことにした。

※すべての画像をごらんいただけない方はガジェット通信(http://getnews.jp/archives/233595)からごらんください。

事前に地図で確認はしたが“ハルヒ自動車”の所在地は中小の町工場が集まる工場地区。萌えもサブカルチャーのかけらも全くないこの地区で、いきなりボンネットに可愛い女の子のキャラが描かれたRX-7と猫たちが出迎えてくれた。ほかにも常連さんの車と思える痛車が何台か駐車されている。ハルヒ自動車は、店舗というより町工場の作業場といった感じである。

痛車施工業者に潜入取材! 痛車オーナーと猫が集まるハルヒ自動車 痛車施工業者に潜入取材! 痛車オーナーと猫が集まるハルヒ自動車

ハルヒ自動車を経営しているのは、春日(カスガ)さん(※ハルヒではない)。意外にも(?)さわやかで、とても感じの良い人だと思った。早速、いろいろとお話を伺うことにした。

元々は普通の自動車整備工場だったそうで、最初は趣味のパソコンゲームのグッズなどを作業場に置いていた程度だったそうだが、2~3年ほど前から痛車施工を全面に出すようになったそうだ。作業場内には、大量のキャラクターグッズが並び、奥には抱き枕がたくさんつるされている状態だ。

痛車施工業者に潜入取材! 痛車オーナーと猫が集まるハルヒ自動車 痛車施工業者に潜入取材! 痛車オーナーと猫が集まるハルヒ自動車

ファンにとってはたまらない環境かもしれないが、今まで普通の自動車整備をしていたのに、いきなり痛車やキャラクターグッズだらけになってしまったら、今までのお客さんは戸惑うのではないだろうか? という点が気になる。
春日さんにその疑問をぶつけると意外な返答が返ってきた。現在も自動車整備の仕事は行なっており、痛車施工だけをやっているわけではないので、以前から長い付き合いのあるの大事なお客さんが離れたことはないそうだ。むしろ、自動車整備のお客さん以外に、痛車オーナーという新たな客層が加わり良い状態になったとのこと。もちろん春日さんの人間性もあって、お客さんが離れないということもあるかもしれない。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。