体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイの駐車場は倉庫番みたい? おっさんが待機していて車を動かしてもらうのだ

タイのバンコクと言えば車やバイクが多いことで有名。ラッシュ時には毎日道路が渋滞し全く進まないことも珍しくない。そんな車の多いタイでは駐車場事情も変わっていた。駐車場にはおっさんが数名立っており、そのおっさんの言われた通りに車を止めるのだ。

しかし車を止めると奥の車が出られなくなってしまう。どうやって出るのだろう? おっさんをじっと見ていると凄い事をやりだした。

なんと肩と腰に力を入れて後ろから車を押し始めたのだ。そう、駐車場に止める際には鍵を預けるのではなく、ニュートラル状態にしておくのだ。それによりおっさんが押しやすくなる。もちろんサイドブレーキもかけてはダメ。

見事に出してもらったらおっさんに気持ち分のチップを払い駐車場から出て行こう。チップは気持ち分でOK。車が増えすぎてこうせざるを得ないとか。もちろんちゃんとしたショッピングモールは日本と同じ駐車場だが、それでも白線を守らないで止める人が多くて困っているとか。みんなグチャグチャに止める習慣があるんだってさ。

ちなみに先ほど話した渋滞の原因が、路上駐車でもある。タイのバンコクでは路上駐車がきつく規制されていないため、それが原因で車線が1つつぶされているのだ。そのほかにバイクの割り込みや道路の作りが雑なども原因に挙げられる。歩行者が道路を横断しようとしても全く止まってくれず、車優先だったのには驚いた……。

写真はワットポー近くの駐車場だ。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。