体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思い描いた冒険がここにある。世界が待ち望んだRPG ドラゴンズドグマ体験記!

思い描いた冒険がここにある。世界が待ち望んだRPG ドラゴンズドグマ体験記!

どーも!最終兵器俺達、こーすけと申します!
今回、株式会社カプコンから2012年5月24日に発売された、『DRAGON’S DOGMA』のレビューを書いていきます。

あらすじ

思い描いた冒険がここにある。世界が待ち望んだRPG ドラゴンズドグマ体験記!

とある漁村に住む主人公は、いきなり来襲したドラゴンに宣告される
「お前こそ、選ばれた者だ」

思い描いた冒険がここにある。世界が待ち望んだRPG ドラゴンズドグマ体験記!

なぜ、自分なのか?なぜ、倒さねばならないのか?
その答えはドラゴンが知っている…

思い描いた冒険がここにある。世界が待ち望んだRPG ドラゴンズドグマ体験記!

来襲したドラゴンは、主人公の体から心臓を奪い去る。
しかし、主人公は蘇る…
竜を倒す運命を課せられた”覚者(かくしゃ)”として

どこまでも続く道!

思い描いた冒険がここにある。世界が待ち望んだRPG ドラゴンズドグマ体験記!

このゲームの魅力といえばやはり、オープンワールドで表現された世界だろう。
途中でクエストを受けるもよし、街の人々と話して仲良くなるのもよし、まだ見ぬモンスターを狩りにいくのもすべてプレイヤーの意思によって決められる。さらに道中は舗装された道だけを歩く必要はない。道なき道を歩くのもプレイヤーの自由だ。
昼と夜とで出てくるモンスターだったりアイテム、住人なども変わってくるので、常に新しいことの連続である。

思い描いた冒険がここにある。世界が待ち望んだRPG ドラゴンズドグマ体験記!

こんなモンスターに道中で会うかも!?

仲間と共に

この世界では「ポーン」と呼ばれる仲間を引き連れることが出来る。ポーンは覚者に忠実に従い、なんと性格までも決めることができる。

思い描いた冒険がここにある。世界が待ち望んだRPG ドラゴンズドグマ体験記!

覚者さんって偉いのね…!
・メインポーン

思い描いた冒険がここにある。世界が待ち望んだRPG ドラゴンズドグマ体験記!

パーティー編成は全部で4人となり、一人は「メインポーン」と呼ばれるもので、これはプレイヤーの相棒として一緒に冒険する仲間となる。メインポーンは姿、形、声、顔、名前、装備まで主人公同様に決めることが出来る。
細かく設定できるので、主人公の双子みたいにしてもいいし、友達そっくりのポーンや恋人を作るのもいいだろう。

思い描いた冒険がここにある。世界が待ち望んだRPG ドラゴンズドグマ体験記!

それに「これは私の思っていた性格じゃないな…」と思ったのであれば宿屋でメインポーンを教育することも可能だ。ちなみに私のメインポーンは「フジ」という名前にして主人公に従順に従うように設定した。(ニヤリ)

1 2 3 4次のページ
ゲーム通信の記事一覧をみる

記者:

最新ゲームレビューとゲーム実況放送の情報をお伝えするエンターテインメントニュースサイトです。ゲームの情報を少しずつ増やしていきたいとおもいます!

ウェブサイト: http://game.getnews.jp/

TwitterID: gamereviewblog

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。