体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Mobile Xperia P LT22i開封の儀

Sony Mobile『Xperia P LT22i』を入手したので早速開封の儀を執り行います。『Xperia P』はSony Mobileが今年2月に発表した『NXT』シリーズの新モデルで5月上旬より販売されています。今回入手したのはその香港版のシルバーカラー。今回も知人に輸入をお願いしたので正確なショップ価格は把握していませんが、ジャスト4万円で購入しました。

『Xperia P』はアルミユニボディの筐体に、4.0インチqHD解像度のTFT液晶(モバイルBRAVIAエンジン付き)、ST-Ericsson NOVAThor U8500 1.0GHzデュアルコアプロセッサ、1GBのRAM、810万画素『Exmor R』カメラを搭載したハイエンドモデル。通信機能は、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0、DLNA、GSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900)、WCDMA/HSDOA 14.4Mbps(850/900/1900/2100MHz)に対応。バッテリー容量は1305mAh。本体サイズは122mm×59.5mm×10.5mm、質量は120g。

では開封していきます。まずは箱からです。箱は『Xperia S』や『Xperia U』と同じ形状のものが使用されています。特別なものはなさそうです。

同梱品は『Xperia P』本体、ヘッドホン(L型コネクタのインイヤータイプ、スペアのイヤーピースも同梱)、microUSBケーブル、USB電源アダプタ(香港用)、取扱説明書類。

『Xperia P』はバッテリーおよびカバーが一体構造が採用されており、カバーすら取り外せません。また、microSDカードスロットもありません。内蔵ストレージは16GB固定です。

『Xperia P』のカラバリはシルバー、ブラック、レッドの3色です。私はブラック派なのでよくブラックを選ぶのですが、『Xperia P』ではシルバーのセクシーな容姿に一目惚れしてしまい、このカラーを選びました。製品発表会で一目見たときからシルバーと決めてたんです。

デザインは『Xperia S』とほぼ共通しています。画面サイズが最近のスマートフォンの中では平均的な4.0インチということで、『Xperia S』よりもコンパクトです。重さは『Xperia S』より24gほど軽い120g。平均的な大きさの軽量なスマートフォンと言えると思います。片手での操作もしやすく、仰向けになって操作しててもさほど疲れません。

背面には810万画素の裏面照射型CMOS『Exmor R for Mobile』カメラ、LEDフラッシュもあります。既存モデルの多くは背面にスピーカーが搭載されているのですが、『Xperia P』では右側面に移されています。

1 2 3 4次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。