体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

京都人がコッソリ教える『祇園祭』を遊ぶコツ

gion04

今週、7月16日(木)には宵山、そして17日(金)には山鉾巡行とクライマックスを迎える、日本三大祭のひとつ、京都の祇園祭。1200年の歴史を持ち、7月1日から31日までの一ヶ月間もの間行われる見どころが盛りだくさんのお祭りだけあって、何をどう見たらいいのかわからなくて人ごみに疲れて帰っちゃった……なんて失敗をしてしまうことも多いんです。そこで、祇園祭に詳しい地元の人に祭を上手に楽しむコツを聞いてみました。

gion03

宵々々々山から風情を味わう
祇園祭で最も混み合うのは、山鉾巡行とその前日である宵山。でも、山や鉾が町に立つのは13日の宵々々々山(正式な言い方ではありません)からです。「山や鉾が立てば、夜7時ごろからそれぞれに祇園囃子の“コンチキチン”の演奏もあるのですが、まだ観光客も多くありませんし、地元の人がのんびり楽しんでいて風情があります。コンチキチンを聞きながら近くの店で一杯飲むのもおすすめ」とのこと。人ごみが苦手な人は、一足早く13日や14日の夜に行ってみてはいかがでしょうか。

gion02

“御集印帳”を片手に山鉾スタンプラリー
祇園祭で建てられる山鉾は全部で32基。京都市営地下鉄四条駅(または阪急京都線烏丸駅)あたりを中心に、東西南北に点在しています。「初めての人は、長刀鉾(なぎなたほこ)から月鉾(つきほこ)あたりを何となく見て帰ってしまうのですが、山や鉾を見に行くと朱印(黒印)をもらえるので、スタンプラリー感覚で回るのも楽しいですよ」。でも、32基も回るのにどのくらい時間がかかるんでしょうか? 「うーん、朝から回れば夜までには終わります」。なっ、なかなか大変そう。御集印帳は書店や各山鉾で販売されています。

gion07

屏風祭をメインに楽しむ
7月14日から16日の宵山までは、別名“屏風祭”とも呼ばれており、山鉾町の旧家は秘蔵の屏風などを飾り付けて座敷を公開します。「山鉾町にあたる室町通りや新町通りは呉服で栄えた町。だからこそ、豪華な山鉾を建てて競い合ったんですよね。屏風祭では、各家の秘蔵の品々が公開されるだけでなく、京町家の空間を経験するよい機会。屏風祭をメインに巡りながら、山鉾の風情を楽しむというのも粋だと思います」。毎年15ヶ所以上で、屏風祭公開が行われているそうです(有料の場合もあり)。

gion01

“動く美術館”を体験する
14日~16日の間、“動く美術館”とも呼ばれる鉾の上に登ることができます。「鉾の天井、破風などのすべてに細工が施されており、間近で見ると息を呑むうつくしさです」。鉾に上がるのは有料で、一部の鉾では昔どおりに女人禁制の場合もあるのでご確認を。また、各山では懸装品(けそうひん)の数々を、それぞれの町会所で展示しています。なかには遠く中国、ペルシャ、ベルギーなどから来たタペストリーや、円山応挙の作品もあるので、こちらも見逃せません。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。