体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美味しいコーヒーの淹れ方

コーヒーの味は、8割方焙煎(ばいせん)されたコーヒー豆そのものに依存し、残りの2割が淹れ方に依存すると言われます。淹れ方にこだわるよりもむしろ、自分の目と鼻で美味しいと思われる自家焙煎の豆を手に入れるべく色々な店の豆を試すことをおすすめします。美味しい自家焙煎のコーヒー豆であれば、極論すれば淹れ方が適当でも美味しくなります。上手に淹れられるようになれば更に2割増し、もしかしたら5割増しのバリスタ顔負けの美味しいコーヒーが淹れられるかもしれません。

コーヒー豆について

●自家焙煎のコーヒー豆は美味しい

焙煎したコーヒー豆は生鮮食料品です。えっと驚かれる方が多いでしょうが、購入後に一番適した保管場所が冷凍庫であることを知れば納得します。とれたての新鮮な野菜が美味しいのと同様、焙煎後一週間以内に自宅で入れるコーヒーがいかに美味しいかということはあまり知られていません。現在はインターネットでも手軽にコーヒー豆が買えるようになり、「激安!」とかいろいろうたい文句におどらされることがしばしばあります。安い豆というのは焙煎後時間がかなり経っていたり、質が悪かったり、要は安かろう悪かろうということです。京都や神保町でのカフェ巡りを体験して感じたのは、自家焙煎のコーヒー豆は美味しいということです。
では、何故自家焙煎のコーヒー豆が美味しいのでしょうか?

1.コーヒー豆を自家焙煎するということは、必要最小限の豆しか焙煎しない。
2.自家焙煎のお店はコーヒー豆に対する造詣が深く、質の良い豆を安定して仕入れることができる。

そういったこだわりの自家焙煎のお店で売っているコーヒー豆は値段が高いので驚きます。しかしよく考えてみて下さい。有名で美味しいとされるカフェで飲むのと同じレベルのものを自分で淹(い)れることは可能なのです。カフェで飲むコーヒー代を考えれば、自分で淹れるコーヒーのほうがコストパフォーマンスに優れていると言えます。スターバックスのコーヒーと家でいれるブルーマウンテン100%のコーヒーとの比較では、自宅で淹れるほうが安いという驚くべき事実が判明しています。もっともカフェの良さは雰囲気というものにかなり左右される要素があるので、一概に家で淹れるのが最高とは言い難い場合もあります。

コーヒーの味の良し悪しを左右するのは、何と言っても豆自体にあるのです。日本はコーヒー豆を栽培するのに適した環境ではないので、(徳之島で栽培されているという例はあるにはありますが)海外から輸入することになります。2005年01月21日の新聞では清涼飲料水のシェアでお茶がコーヒーを越えたと報道されています。しかしながら、世界中の一番質の高いコーヒー豆を手に入れることのできる国が日本であるということはまぎもない事実です。コーヒーを淹れるテクニックとかうんちくとか難しい話は抜きにして、誰にでも自宅で簡単に美味しいコーヒーを淹れることはできるのです。

まず実際に自家焙煎のお店を探してみることが、質の良い美味しいコーヒー豆を手に入れる近道だと思います。そんなお店は知らないよという方は、「自家焙煎珈琲店めぐり」というサイトで検索してみると意外と身近な場所にあったりします。

●少量ずつ豆のまま購入する

豆を購入するにあたって、注意すべき点がいくつかあります。
1.少量ずつ豆のまま購入する。
2.小規模な個人経営の店を選ぶ
3.焙煎した日付がラベルに入っている店を選ぶ
4.売れるサイクルの早い豆を選ぶ

4に関しては何度も通ってみても分からないこともありますが、1、2に関してはすぐに実行できます。3に関してはラベルにそこまで気を遣っている店は少ないのが現状です、思い切ってお店の人に尋ねてみるのもいいでしょう。

少量ずつ豆のまま購入するということが、鮮度の高いコーヒー豆を常に手に入れる簡単な方法です。しかし一人暮らしでなかなか豆を消費し切れないという方もいらっしゃるでしょう。店によってはあらかじめ詰められた200gの袋しか売らないということもありますが、100g、場合によっては50gずつから購入するのが良いでしょう。一週間で使い切る量を購入するのが理想的ですが、店が遠かったり買いに行っている暇がないということもありますので、最低でも二週間で使い切る量を購入し常温で保管し、購入後一週間経過したら冷凍庫に入れて保管するようにしてます。エスプレッソ用にお店で極細で挽(ひ)いてもらうということもありますが、基本的に豆はそのままで購入し、淹れる直前にコーヒーミルで挽きます。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。