体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【会ってみた No.2】積み重ねるのが人生、だから挑戦し続けたい【ミンカ・リー】後編

ミンカ・リー

動画共有サイト『ニコニコ動画』に自身の作品をアップロードし、多くの人々から注目を集める“素人”『ミンカ・リー』。前回のインタビュー前編ではそんな彼女の作品に対する姿勢、『ミンカ・リー』というキャラクターの誕生、そして注目を集めたことによる生活の変化などを中心に話しを聞いた。後編となる今回はそんな彼女の等身大の姿を語ってもらった(この記事を全て読むにはこちらから)。

前編を未読の方は以下からどうぞ
【会ってみた No.2】“男”疑惑は予想外でした…【ミンカ・リー】前編

■幻想と現実の境界線に

― そもそも、パソコンに触れたのはいつだったのでしょうか。

ミンカ
「初めてPCに触れたのはもうずっと前ですね。Macユーザーだったお父さんが買ってきたんですけど、小学校に入る前じゃなかったっけなぁ。今までに自分で買った一番高いものもパソコンなんですよね。17万円ぐらいだったんですけど。だから親しみはあるほうだとは思います」

― ではネットとの距離はどんなものなのでしょう。

ミンカ
「インターネットを使うようになったのは中学校の授業からですね。それからは“ネットサーフィン(ネット上にあるサイトを巡回する)”はわりとしているほうだと思います。今だと『mixi(ミクシィ)』、『Yahoo!(ヤフー)』、『Pixiv(ピクシブ)』なんかを巡回してますね。たまにふっと思い出して『ニコニコ生放送』を見たりもしますよ」

“デジタル”とそれ程に近い距離にありながらも、好きなものは読書なのだという。

ミンカ
「最近あれを読んだんですよ。あ~あ、また忘れた…。あ!『夜は短し歩けよ乙女』です。京都が舞台なんですよ。京都の色んな場所にまつわるエピソードがあって、それによって何話かに分かれているんですよ。文章がレトロなんだけどおしゃれで。若干、ファンタジーな要素が含まれていて。京都にはわりと縁があるので親近感もありまして。最近、舞台化されたんですけど…お金がなくて行けませんでした(笑)」

しかしあまりにも本が好きだったため、目を悪くしてしまった。

ミンカ
「今はコンタクトなんですけど、外した時はメガネなんですよ。伊達メガネに対する憧れがあるんですけどね。度が入ってないやつ。おしゃれな。欲しいんですけどね。まだこれといったものが見つかってないです」

― それも一種のコスプレ願望になるのでしょうか。

ミンカ
「いえ(笑)そこまでのものではないんですけどね。ただの憧れですよ」

― では他の趣味、例えば映画に関しての好みなどはありますか。

ミンカ
「一番好きなのは『ビッグ・フィッシュ』。ティム・バートン監督の作品が好きなんですよ。幻想と現実が混ざり合ったものが好きなので、ティム・バートンの色使いなんかはすごい綺麗で幻想的じゃないですか。さっきの本の話しもそうなんだけど、リアルな部分も好きだし、非現実的な部分も好き。その2つのバランスがとれたものが好きなんですかねぇ。だからティム・バートンは相性がいいんだと思います」

ミンカ・リー

■普通のオタクなんですよね(笑)

― 「メイド姿やアニメの歌」動画から浮かびあがるものを見る限り、いわゆる“オタク”の要素が読み取れるんですよね。

ミンカ
「まぁ一番好きなのは漫画なんですけどね。最近では『聖☆おにいさん』『ワンピース』『バクマン』『テガミバチ』なんかを読んでるんですけど。“ジャンプ系”が多いんですよ。少女漫画はあんまり詳しくなくって」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。