ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【焼酎リポーツ ぎまちゃん Vol.9】「吉兆宝山(西酒造)」の巻

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

私 “あらいぎまちゃん” の『ぎまちゃんシリーズ』。今回も、これまで飲んできた数々の「焼酎」について、わりと投げやりな態度で語り尽くします!!

前回取り上げました、フルーティーな香りを持つ「富乃宝山」の姉妹銘柄「吉兆宝山」のご紹介です。農大を出た若い蔵主がリリースするこの西酒造の焼酎は、古い伝統に囚われない、革新的な味わいを持つ物が多いですがこの「吉兆宝山」もまた、強い個性を放っている銘柄です。

===============================
吉兆宝山 きっちょうほうざん 5段階評価
定価 1.8L 2400円前後
オークション相場 2300 ~ 3000円)
入手難度  ★★★  プレミアと言うほど少ない生産本数じゃないです)
香り   ★  まんま「昆布」の薄いかほりが‥‥)
旨み   ★★★  昆布臭のせいか、旨みはあるんですけど)
キレ   ★★★★  臭いけど飲みやすい)

総合評価 ★    
個人的には、あんまり好きじゃない銘柄。
でも根っからの芋好きにはこの臭さはたまんないんでしょうね。

味が似てる銘柄
「蘭」  昆布臭は、吉兆の方が薄いです
「一刻者」 吉兆の方が「昆布臭」が強いです。一刻者の方が甘みがあります。

=============================

独特の「昆布臭」があります。これ、正確には「生芋の、皮の香り」だと思うんですが……。好きな人は好きなんでしょうね。私は、この香りが強く出た銘柄は嫌いです。飲みにくくて。ですがこの吉兆宝山は、そんな苦手な香りがあるものの、飲みやすいことは飲みやすいですんですよね。不思議な事に。ここらへんが、この蔵のマジック的な技術と言いますか、なんと言いますか。

★は一つですけど、一升を空けるペースは割と早かったです。はまる人にははまる銘柄だと思います。次回は、焼き芋を醸した焼酎「鬼火」のご紹介です。

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
あらいぎまちゃんの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。