体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【消えた削除依頼】2ちゃんねるが警察からの削除依頼を無視しているというのは本当か

ANNの報道より

【まとめ】
・警察やインターネット・ホットラインセンター(IHC)からの削除依頼が2ちゃんねるに届いていなかった可能性がある。
・IHCの削除依頼は独自方式(メールにPDF添付)で、2ちゃんねるの削除依頼ローカルルールが無視されている。
・違法情報の削除依頼ルートは「IHC」「警察庁」「その他」と大きく3つある。
・そのうち「IHCルート」は依頼が届いていない可能性がある。昨今見られる警察庁発表報道はこの「IHCルート」の削除依頼のことを指しているようだ。
・つまり、削除依頼が無視されているわけではなくて、単に届いていないだけなのではないか。

通常2〜3通メールをして反応がなければ、届いていない可能性を疑うべきなんじゃないかと思うが、IHCは反応がないまま5000通もメールを送り続けていた。ある意味すごいが、あまりにお役所仕事ではないだろうか。本当に削除依頼する気があるのか。

捜査を有利に進めるために「捜査対象は悪」という検証もろくにおこなわれていない印象操作情報をマスメディアへ垂れ流しにする警察側の不公正な手法、それをよく調べることもなく拡散する新聞・テレビのあり方については、これからじっくり検証し、追及する必要があるだろう(署名はこちらから)

「2ちゃんねる、警察が削除要請の違法情報を放置」一斉報道の謎

昨日「2ちゃんねるへの削除依頼が大量に放置されている」というニュースを各報道機関が報じた。
2011年下半期のインターネット・ホットラインセンター(IHC)による違法情報の削除要請件数が明らかとなり、2ちゃんねるが削除要請に一切応じていない、というもの。 IHCは、警察庁からの業務委託によりインターネット協会が運用している組織で、違法・有害情報を受け付けて掲示板管理者等をおこなっている。

同じ内容を報じた媒体は、ちょっとネットで調べただけでもMBS毎日放送、TBS、日本経済新聞、東京新聞、MSN産経、読売、時事通信、毎日新聞、NNN、FNN、朝日新聞等がウェブに記事を掲載しており、おそらく新聞紙面やテレビでのニュースでも流れているのだろう。内容はどれも似ていて、警察庁の発表をベースにしたものらしい。

これらマスメディア報道のポイントを、一言でまとめると「2ちゃんねるは違法情報の削除依頼を年間5000件以上受けているにもかかわらずまったく反応がない」というもの。

「なぜ反応がないのか」「削除依頼はどのようにおこなわれているのか」「2ちゃんねる側に依頼はきちんと届いているのか」という疑問が自然とわいてくる。

削除依頼は独自の方法でおこなわれていた

実は今回と似たような報道が2ヶ月ほど前に流れたことがある。このときは、2011年上半期の集計結果を元にした報道で、論調も今回とそっくりだった。

実はそれまで、IHCからの削除依頼は2ちゃんねるの削除依頼ローカルルールにのっとっておこなわれているものだと記者は思っていた。しかし、調べるとどうもそうじゃない。2ちゃんねる内にそれらしい削除依頼が見当たらないのだ。それではどのように削除依頼はおこなわれているのだろうか。よくわからないのでIHCに質問状を送ってみた。

1 2 3 4 5 6次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会