ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界初! 火を使わず自宅でできる花火大会『家あげ花火』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

hanabi01

セガトイズは、世界初の火を使わない家庭用打ち上げ花火玩具『家(うち)あげ花火』を8月1日に発売します。『家あげ花火』は部屋を暗くしてボタンを押すだけで家庭内で花火大会を楽しめるコミュニケーショントイ。本体から投影された花火の光はスーッと上昇して壁や天井で大きくはじけると同時に、「ひゅー……ドーン!」という打ち上げ音や歓声など音の演出で臨場感も表現し、花火大会気分を盛り上げてくれます。価格は1万5540円(税込み)です。

hanabi03

『家あげ花火』は、大花火45種類、小花火10種類の花火原板が付属しており、花火原板に描かれた花火をプロジェクターのように投影するしくみです。花火の打ち上げ方は、1分間に80発を連続的にあげる日本伝統の『早打ち』、1分間に13発の花火玉を一発ずつ打ち上げる『単打ち』、タイミングをずらしながら大小の花火玉を1分間に30発打ち上げる『段打ち』、たくさんの打ち上げ筒から次々に打ち上げてフィナーレを飾る『スターマイン』の4種類です。

hanabi02

『家あげ花火』はこの4種類の打ち上げ方を組み合わた、3種類のモードで遊びます。プリセットされた花火大会を選んで楽しむ『花火大会モード』、打ち上げ方を組み合わせてオリジナルの花火大会を作る『花火師モード』、好きなタイミングで大玉花火を打ち上げる『いつでも発射モード』。自宅で花火大会をするときは、いずれかのモードを選択してボタンを押すだけ。あとは面倒な操作をする必要もなく、ゆっくり花火鑑賞することができます。

発売後は、セガトイズのウェブサイトから、ポスターやチケットなど『花火大会招待ツール』のダウンロード配布も予定されています。「○○家花火大会」などと書いたポスターやチケットを作って配れば、参加者にもテンションを上げてもらえるかもしれません。また、花火大会だけでなく、手作り花火やメッセージを『手作りフィルムカートリッジ』に描いて打ち上げたり、誕生日やクリスマスなどの記念日メッセージを映し出すこともできますので、記念日のサプライズにも一役買ってくれそうです(このニュースの元記事はこちら)。
 
 

■こんなおもちゃの記事もあります
21世紀のノビ太くんへ“未来デパート”から届く『Myドラえもん』ロボット
ペットボトルのキャップが“顔”のフィギュア『CapHeads』
賢くてかわいい! 手のひらに載る人工知能ロボット『マイクロペット-i』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。