ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

賢くてかわいい! 手のひらに載る人工知能ロボット『マイクロペット-i』

micropet_walk


体長わずか6cm、手のひらに載る小さなペットロボット『マイクロペット-i』が、7月4日にタカラトミーから発売されます。『マイクロペット-i』は、2002年に発売して全世界で約1000万個も売れた大ヒット商品『マイクロペット』に人口知能を搭載したもの。動くものを追いかけたり、障害物を避けて散歩したり、仲間を見つけて一緒に歌ったりと、さらに賢くなって新登場しました。販売価格は1680円(税込み)です。

micropet_colors

『マイクロペット-i』のラインナップ全9種類、イヌ、ネコ、クマ、パンダをモチーフに『オレオ』『カスタード』『ホイップ』など、それぞれスイーツにちなんだ名前が付けられており、好きな食べ物や性格などのキャラクター設定もあります。

前身となる『マイクロペット』は、音声の長短を聞き分けたり、呼びかけに応えて動き回ることができましたが、人口知能を搭載した『マイクロペット-i』は本体付近の床面をトントン叩く回数で4種類のモードが切り替わり、より“意思”を持った動きをします。

ボールや手など動くモノを見つけると喜んでついてくる“おあそび”モード、自分の前の障害物を器用に避けながら歩く“おさんぽ”モード。そして、歌を歌う“うた”モードのほか、2匹が向き合って通信すると歌の合唱がはじまる“つうしん”モードがあります。近々、ウェブサイトからダウンロードした型紙をプリントアウトして、名前入りの“おうち”を作るサービスも提供予定とのことです。

適度なお値段と、贈る相手を笑顔にすることができるアイテムはプレゼントにも良さそうです。ターゲットは、小学校低学年の女の子と20~30代の女性だそうですので、パパから娘へ、また同僚やガールフレンドへのちょっとしたプレゼントにいかがでしょうか(このニュースの元記事はこちら)。

『マイクロペット-i』の主な仕様
種類:全9種 (ローズヒップ、プリン、オレオ、カスタード、ホイップ、ショコラ、ミルク、モカ、セサミ)
サイズ:W58×H45×D48mm
重さ:32.5g
バッテリー: LR44×2個(テスト用付属)
 
 

■こんなスイーツなガジェットの記事もあります
ガムやチョコみたいなヘッドホン『Sundries』
キュービックジルコニア付き! 女性向けインサイドホン『MOONJEWEL』
女性にうれしい機能が満載、お菓子みたいなマウス&マウスパッド発売

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。