体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「死んで煙になって比べてみたい」実家VS姑の看病バトル! 死の床についた貴公子へ彼女からの意味深なメッセージ ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「看病はこっちで!」実家VS姑の壮絶バトル

久々の源氏との対面で、その怨念のこもった睨み(闇属性攻撃)に大ダメージを受けた柏木。妻の女二の宮(落葉の宮)の看病も空しく、もはや虫の息です。
柏木の両親、頭の中将とその正妻は大変に心配し「重態と聞いて放っておけない、うちで治療させる」と、近々実家に連れ帰ると宣言します。

ここで物言いをつけたのが、女二の宮の母・一条御息所。実は柏木、お姑さんとも住んでいたんですね(通婚ですが)。

この方、もとは朱雀院の更衣で、頭の回転が速いしっかりした女性です。自分が生んだ二の宮を溺愛しており、更に昔ながらの「皇女は独身を通すべき」の考えを強くもっていて、もともと2人の結婚には反対でした。それなのに強引に結婚を進めた柏木の実家や、熱望した割に結婚後は冷たい柏木自身にも、彼女はずっと不満をためていたのです。

「確かに親不孝がいけないのは当然のことですが、夫婦というのは、病める時も健やかなる時も共に添い遂げてこそですよ。離ればなれになるのは宮にとっても辛いこと、どうかもう少しこちらで養生なさって下さい」。

というのも、皇女の二の宮の身分柄、柏木が実家に帰ってしまうとそう簡単には会いに行けないのです。味気ない結婚生活だった上、このまま夫と死に別れるようなことにでもなったらと、御息所は宮が不憫でなりません。

柏木も「ごもっともです。取るに足らない私のような男が、宮さまとのご結婚をご許可いただいたからには、もっと出世して良い地位に就かなくてはと思っておりましたが、こんなことになってしまいました。

このまま、宮さまへの愛情をわかっていただけないまま終わるのかと思うと、死んでも死にきれません」。

こんな会話をしている間にも、頭の中将家ではママンが焦れ「どうしてあの子はまだ帰ってこないの?大勢の子どもたちの中でも最愛の長男です。私の可愛い柏木……こんなに心配しているのに」と、ガンガン使いをよこします。

ちなみにこのママンは朧月夜の姉で、その昔夕顔を脅したり、引き取られた雲居雁に冷たかったりした頭の中将の正妻です。もともと我の強い人なんですね。にしてもなかなかの息子コン。

柏木も母の嘆きを哀れに思います。「私が長男だからなのか、母はちょっとでも顔を見せないとこんな風に心配するのです……さすがに親にも会わずに死ぬのは罰当たりなことと思いますので、やはり実家に帰ります。

宮さま、もし、いよいよ危篤だとお聞きになったら、どうかこっそりお見舞いに来てくださいませ。きっとまた会いましょう。

今まで、寂しい思いをおさせして本当に申し訳ありませんでした。こんなに短い寿命と思わず、長い年月のうちには夫婦らしくなれるだろうと、高をくくっていたのです……」。

柏木の宮への言葉は、源氏の打ち解けぬまま死別した葵の上への思いとそっくりです。元気だった頃は二の宮を顧みなかった彼も、今となっては薄幸の妻が憐れで、心から申し訳なく思っています。

しかし無常にも実家のお迎えが来てしまい、夫婦はここで泣き別れ。取り残された宮は呆然と、ただ夫を想うばかりでした。

年内ギリギリ!お誕生日イベントようやく決行

今や遅しと柏木を待っていた実家では、祈祷はじめ快復のためにありとあらゆる手段を講じますが、当の柏木は衰弱著しく、今では果物のようなものも食べられません。

将来有望な若者の重病に、政府高官はじめ、帝や朱雀院からもたびたびお見舞いがあります。源氏も父の頭の中将あてに丁寧なお見舞いをし、親友の夕霧は始終見舞いに来ては心配しています。

これでさらに予定が押し、12月中旬だった女三の宮の朱雀院へのお祝いはついに12月25日とギリギリの日程で行われました。今ならメリークリスマス。もう一週間で年明けと、予定の押し詰まり感がハンパないです。

源氏と二大勢力を誇る頭の中将家が、長男の重病でしょんぼりしている中、慶事が行われるのはなんとも興ざめな感じでしたが、50歳の記念イヤーはもう終わってしまうのだから仕方ない。

やむを得ず儀式を決行しながら、源氏は「三の宮はどう思っているのだろう。柏木の病が重いことを……」と考えずにはいられません。愛してはいない男、わけのわからない世界に自分を引きずり込んだ男、お腹の子供の父親。宮は、彼の病状に対して何を想うのでしょうか。

「死ねば帳消し」エリート青年、人生を振り返る

年が改まり、源氏48歳の年。柏木は一向に快復しません。嘆く両親を見るのも辛く、彼は病床で悶々と短い人生を振り返ります。

自分から死ぬのは罪が重いとしても、僕自身はもう生きていたいわけでもないな……。

子供の頃から、立派な人になろうと努力してきた。父上の跡取りとしてふさわしい人間になろうと何事も頑張って、貴族の男として理想的な、思い通りの人生を送りたいと思ってきた。

……それなのにこんな挫折をしてしまうとは。誰のせいでもない、自ら招いた身の破滅だ」。

挫折知らずのエリートが脆いというのはよく聞きますが、何不自由なく育ち、理想に燃えていた彼にとってのはじめての挫折が、女三の宮の結婚相手に選ばれなかったことでした。彼女にしつこく執着してしまったのも、人生を自分の思い通りにしたいという気持ちの表れだったのかもしれません。しかしそれが結果的に、彼をここまで追い込んだのです。

「それも全ては宿業、カルマというものなのだろう。このまま生きていても余計なウワサが広まって、宮さまにもご迷惑をおかけするだけだ。それならせめて、宮さまから“かわいそうに”と思っていただけるうちに死にたい。それだけを胸に、私は冥土に旅立とう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。