体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニメが大好評の「はたらく細胞」 電子書籍の第1巻が『AmazonKindle』や『楽天Kobo』で無料!

hatarakusaibo

7月7日よりTOKYO MX他で放送がスタートした、TVアニメ「はたらく細胞」。
https://hataraku-saibou.com/[リンク]
白血球や赤血球、血小板などが擬人化された作品で、発表されている声優さんも

赤血球:花澤香菜
白血球(好中球):前野智昭
キラーT細胞:小野大輔
マクロファージ:井上喜久子
血小板:長縄まりあ
ヘルパーT細胞:櫻井孝宏
制御性T細胞:早見沙織
樹状細胞:岡本信彦
記憶細胞:中村悠一
B細胞:千葉翔也
好酸球:M・A・O
マスト細胞(肥満細胞):川澄綾子
先輩赤血球: 遠藤綾
肺炎球菌:吉野裕行
ナレーション:能登麻美子
(敬称略)

と、超豪華である。第1話テレビ放送の際には、早速関連ワードが『Twitter』トレンド入りするなど話題となっていたようだ。

『月刊少年シリウス』にて連載されている清水茜先生の原作は現在5巻まで発売されており、「はたらかない細胞」「はたらく細胞BLACK」といったスピンオフ作品のそれぞれ第1巻も7 月9日に発売された。

現在、本家「はたらく細胞」第1巻は『Amazon』のKindleや『楽天』のKoboなどの電子書籍にて無料で読むことが可能となっている。

肺炎球菌! スギ花粉症! インフルエンザ! すり傷! 次々とこの世界(体)を襲う脅威。その時、体の中ではどんな攻防が繰り広げられているのか!? 白血球、赤血球、血小板、B細胞、T細胞…etc.彼らは働く、24時間365日休みなく! 連載初回から大反響を呼んだ「細胞擬人化漫画」、待望の第1巻登場!

体内の仕組み等を知ることができ、「面白くて勉強になる」と好評の作品。『Amazon』でのレビューもかなりの高評価である。チェックしてみてはいかがだろうか。

はたらく細胞(1) (シリウスコミックス) Kindle版
https://www.amazon.co.jp[リンク]

※画像は『Amazon』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。