体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

監獄メシで食中毒が多発!その理由は、〇〇〇の〇〇調理にあった!

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行でっす!

最近ニュースを騒がせているのが、刑務所内での食中毒の話題。意外にこれが多い!
多発している食中毒のニュース、なぜこんなことが頻発するのかを今回は解説していきたいと思う。

監獄メシは誰が作っているのか?

今年に入って、何度も刑務所内での食中毒は起こっている。
以下のニュースをご覧いただきたい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
≪京都刑務所 受刑者621人が給食で集団食中毒≫
■下痢や腹痛症状 京都市が3日間の給食施設の使用停止命令
京都市は4日、京都刑務所(同市山科区)で食事した受刑者ら1132人のうち、受刑者621人が下痢や腹痛の症状を訴えたと発表した。いずれも症状は軽く、すでに回復している。原因菌は特定できていないが、市は発症状況などから集団食中毒と断定。同刑務所に同日から3日間の給食施設の使用停止を命じた。

市によると、発症した受刑者は26~76歳の男性。刑務所内の給食施設で受刑者24人が調理したものを食べていた。6月28日午前に発症した患者が多く、同日から給食施設使用を自粛していたという。【飼手勇介】
※毎日新聞2018年7月4日掲載より引用

―――――――――――――――――――――――――――――――――
≪宮城刑務所 集団食中毒 249人が下痢や腹痛≫
■仙台拘置支所18人と東北少年院3人も
仙台市は28日、宮城刑務所(同市若林区)で調理した食事を食べた受刑者ら249人が集団食中毒を発症したと発表した。下痢や腹痛を訴えたが、症状は全員軽いといい、市は刑務所調理部門を28日から3日間の業務停止処分にした。同刑務所では、昨年10月にも217人が集団食中毒を発症している。

発症者は刑務所の228人のほか、近くにある仙台拘置支所18人と東北少年院3人。食事は刑務所の受刑者約25人で調理している。

市によると、26日午後5時ごろ、刑務所から「多数の入所者が腹痛や下痢を訴えている」と連絡があった。全員が刑務所で調理した料理を食べており、集団食中毒と判断した。【早川夏穂】
※毎日新聞2018年6月28日掲載より引用

―――――――――――――――――――――――――――――――――

このように梅雨の季節には頻繁に食中毒は起こっているのだ。

あなたは、受刑者が毎日食べている“ムショメシ”を誰が作っているかご存じだろうか?
そう、調理担当の受刑者たち自身なのだ!

日々、木工や印刷、民芸品、パソコン、資格取得などで刑務作業をしている受刑者と同様に、日々の料理を作っている調理受刑者も、刑務作業にいそしんでいるということになる。

炊場で行われるムショメシ調理

受刑者たちが心待ちにしている刑務所の食事は、“炊場”(すいじょう)と呼ばれる調理施設工場内で、調理担当の受刑者たちが作る。彼らは、“炊夫”(すいふ)と呼ばれ、刑務所の食事のことは、“官炊”(かんすい)と言う。

この調理工場内では、刑務官たちがテーブルに座り、喫食し、炊夫が料理におかしなことをしないように常に目を光らせている。つまりは監視されているわけだ。

調理された官炊は、配食係によって、各房に配られる。それは雑居房であったり、独居房であったり様々。

朝食は非常に質素な構成である。ご飯の場合は漬物や缶詰、具が少ないみそ汁がついてくる。パン食に関してはジャムやマーガリンがつく程度だ。

受刑者が刑務作業を行う工場で摂る昼食も非常に質素。しかし昼は腹が減るため、麦飯の量に関しては多少だが増量になる。

それに対し、夕食はおかずが3品以上付くので、非常に豪華だと言えよう。とんかつやうどん、ハンバーグ、牛肉コロッケまで出る。

受刑者が素人調理をするから問題が起きる

いくら技官の栄養士の指示を受けながら、調理、配食するといっても、炊夫の彼らは素人がほとんど。調理師が居る事はまれである。そんな彼らが数百人にも及ぶ受刑者たちの食事を手がけるのだ。

ヒスタミン、ノロウイルス、サルモネラ・エンテリティディス、黄色ブドウ球菌、病原大腸菌O8、小型球形ウイルス(SRSV)、カンピロバクターなど、菌やウィルスに対する予備知識は薄く、しかも刑務所内での入浴は、冬場で週2日、夏場で週3日しかないなど、若干不潔な環境だ。

もちろん、刺身などの生ものなどは出てはいないが、数十年前までは、冬場に限って生ものを出す刑務所もあったという。

特に、今問題になっているのは、作り置きすればおいしくなると思われている料理の数々。カレーやシチュー、スープ、麺つゆなど、食べる日の前日に大量に加熱調理され、大きな器のまま室温で冷却されていた事例が多く見られる。“加熱が済んだ食品は安心”という甘い考えが、ウェルシュ菌による食中毒の発生を促すのだ。

さらに刑務所で手湿疹水虫風邪などにかかったとしても、監房内を巡回する医師が行うのは薬の処方どころか、問診だけだという。

手袋をしているとはいえ、包丁などを使っていれば手を傷つけてしまうこともあるだろう。そこから、菌が繁殖してしまうこともあるようだ。

それよりなによりも、刑務所のトイレというのは数が決まっているし、使用するときの手順がいる。脱糞などをしてしまえば、そこからまた次の伝染病も起こりかねない。

素人が調理する危険性などを考慮して、民間の給食業者に委託する刑務所も出てきているようだ。
今後はこのような集団食中毒が起こらないことを祈る。

(C)写真AC

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 丸野裕行) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。