体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホで簡単ハクスラ『ひまつぶスラッシュ』にハマった こういうのでいいんだよ!

ファミコン時代のようなドット絵とシンプルなゲーム性がとっつきやすいスマホゲーム『ひまつぶスラッシュ』をレビュー。タダゲーらしからぬボリュームと、なんなら画面を見なくても遊べてしまう手軽さで、思わず暇つぶしが捗ってしまうこと間違いなし!

前に進むだけのシンプルなアクションでひたすらアイテムを掘れ!

本作のゲーム内容を簡単に説明すると、ハックアンドスラッシュ(以下ハクスラ)メインのアクションRPGということになる。プレイヤーは、王様から世界の平和を守ってくれるよう頼まれたおヒマな勇者として、敵を倒してレベルを上げつつ、敵が落とすアイテムを集める作業をひたすら繰り返す。一応、“ラスボス”はいるものの、基本的にはレアドロップを収集して楽しむ自己満足ゲームだ。

操作は片手の親指1本のみで可能。勇者が取れる行動は、「進む」か「戻る」かの2つだけ。そして攻撃は敵に向かって体当たりするだけという究極のシンプル設計。道中に待ち構えている敵は、たまに定位置からピョンと前方へジャンプ攻撃してくるので、距離とタイミングを測って攻撃を避け、定位置に戻ったところで前進して体当たり攻撃を仕掛ける、といったアクションゲームっぽい遊び方もできる。

だがぶっちゃけ、このゲームの本分はそんな最低限のアクション要素すら顧みない、ひたすら前進あるのみの単純プレイにこそあると力説したい。

お城には王様がいたり、道中には武器屋や民家、中ボスが配置されていたりするが、ストーリーと呼べるほどの設定はない。純粋にハクスラを楽しもう。

装備と敵には属性が設定されていて、弱点を突くと大ダメージを与えることができる。属性は火・水・木と闇・光の5つ。火は木に強く、木は水に強く、水は火に強い3すくみの関係がある。

腕力は物理攻撃、体力は最大HPと物理防御、知力は属性攻撃・防御、敏捷は会心率と敵の攻撃頻度、幸運はアイテムドロップ率に関係。レベルアップ時のステータスポイント割り振りは自動化もできる。

豊富なスキルの組み合わせを楽しめる“ながらプレイ”がオススメ

本作では敵の攻撃が単純ゆえに、ガチでアクションゲームとして遊ぼうとすると、スキルに頼らずとも死ぬことなくどこまでも先へと進めてしまう。レベルと装備が十分に成長していないと途中のボスを倒しきれずに後退せざるを得なくなることもあるが、死なないために1回のプレイになかなか区切りを付けられないのだ。

それよりもむしろ、ゲーム画面すら見ない“ながらプレイ”がオススメだ。親指を「進む」に置いたまま、例えばテレビを見ながら、時々スマホ画面に目をやり、死んでしまっていたらタッチ操作が必要な“復活の儀式”を済ませて、また最初から――。そんなものぐさなプレイスタイルを提案したい。というよりも、結局はこの遊び方に落ち着く人が多くなるだろう。死亡時に経験値やお金を失うといったペナルティはないので、安心してどんどん死んでしまおう。

この“ながらプレイ”では発動させるスキルに特に気を配る必要が出てくる。物理または属性攻撃に特化してみたり、HPを少しずつ回復するスキルやアイテムドロップ率を高めるスキルを発動させたりして、どんな装備だと最も効率よくアイテムを集めつつ先まで進めるか、ステータスの成長とスキル効果を実感しながら遊ぶことができる。死亡時に表示される過去ログでレアアイテムゲットの喜びも味わえる。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。