体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[動画]チームラボとDRUM TAOが初タッグ!デジタルアートと和太鼓の振動まで融合した『万華響-MANGEKYO-2018』

tao7

海外公演も成功を収めている言葉の壁を越えたノンバーバルエンタテインメント和太鼓集団・DRUM TAOが“チームラボ”(teamLab)のデジタルアートと融合した最新作『万華響-MANGEKYO-2018』が有楽町オルタナティブシアターで6月20日まで上演中!

昨年秋に初演を行なった『万華響-MANGEKYO-』は、DRUM TAOのアクロバティックなパフォーマンス、伝統的かつ前衛的な迫力の和太鼓&和楽器サウンドが特徴的な公演。2018年は第2章として、ウルトラテクノロジスト集団“チームラボ”と初めてタッグを組み、新たなステージに進化。

※すべての画像・動画が表示されない場合はガジェット通信からご覧ください。
http://getnews.jp/archives/2051949[リンク]

tao12

日本の美しい美術や風景を日本の音楽で表現することをコンセプトに、海外からやってきたお客さんはもちろん、日本人の私たちが見ても、新たな和の世界を発見できるステージとなっています。

tao5

今回のステージに参加するTAOメンバーは、今年1月28日にアメリカに飛び立ち、5月8日に全米ツアーから帰ってきてそのまま『万華響』の稽古に入り、5月19日の公演スタートまで誰も1度も家に帰っていないという超過酷なスケジュール! さらに、1日3回公演が続く全241公演を開催! メンバー自身も未だかつて経験したことのないチャレンジから、その精神性の強さもパフォーマンスとして伝わってくると思います。

和楽器×最新の映像技術×肉体美×前衛的な衣装 の融合

『踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』をはじめ、最新のテクノロジーを活用したシステムやデジタルコンテンツで驚きを与えてくれるチームラボ。

tao1

『万華響-MANGEKYO-2018』では、オープニングからチームラボの緻密で繊細な映像演出が登場。宙を泳ぐ龍、そして目の前に現れる緑匂い立つような森の立体感はさすが! ※記事下部の動画を見ていただけるとわかりやすいと思います!

目の前に広がる光り輝く世界の中に、美しい舞と神秘的な和楽器の演奏が浮かび上がるという不思議な感覚。そこから、和太鼓の力強い音色が加わり一気にTAOの世界にトリップしていきます。

tao7 tao10

荘厳なオープニングから、「浮世絵を本物のように」などリクエストを受けて作られた“波の演出”といったチームラボの映像美に加え、世界的なファッションデザイナー・コシノ ジュンコさんが手がける衣装も見どころの1つ。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。