ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[動画]チームラボとDRUM TAOが初タッグ!デジタルアートと和太鼓の振動まで融合した『万華響-MANGEKYO-2018』

tao7

海外公演も成功を収めている言葉の壁を越えたノンバーバルエンタテインメント和太鼓集団・DRUM TAOが“チームラボ”(teamLab)のデジタルアートと融合した最新作『万華響-MANGEKYO-2018』が有楽町オルタナティブシアターで6月20日まで上演中!

昨年秋に初演を行なった『万華響-MANGEKYO-』は、DRUM TAOのアクロバティックなパフォーマンス、伝統的かつ前衛的な迫力の和太鼓&和楽器サウンドが特徴的な公演。2018年は第2章として、ウルトラテクノロジスト集団“チームラボ”と初めてタッグを組み、新たなステージに進化。

※すべての画像・動画が表示されない場合はガジェット通信からご覧ください。
https://getnews.jp/archives/2051949[リンク]

tao12

日本の美しい美術や風景を日本の音楽で表現することをコンセプトに、海外からやってきたお客さんはもちろん、日本人の私たちが見ても、新たな和の世界を発見できるステージとなっています。

tao5

今回のステージに参加するTAOメンバーは、今年1月28日にアメリカに飛び立ち、5月8日に全米ツアーから帰ってきてそのまま『万華響』の稽古に入り、5月19日の公演スタートまで誰も1度も家に帰っていないという超過酷なスケジュール! さらに、1日3回公演が続く全241公演を開催! メンバー自身も未だかつて経験したことのないチャレンジから、その精神性の強さもパフォーマンスとして伝わってくると思います。

和楽器×最新の映像技術×肉体美×前衛的な衣装 の融合

『踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』をはじめ、最新のテクノロジーを活用したシステムやデジタルコンテンツで驚きを与えてくれるチームラボ。

tao1

『万華響-MANGEKYO-2018』では、オープニングからチームラボの緻密で繊細な映像演出が登場。宙を泳ぐ龍、そして目の前に現れる緑匂い立つような森の立体感はさすが! ※記事下部の動画を見ていただけるとわかりやすいと思います!

目の前に広がる光り輝く世界の中に、美しい舞と神秘的な和楽器の演奏が浮かび上がるという不思議な感覚。そこから、和太鼓の力強い音色が加わり一気にTAOの世界にトリップしていきます。

tao7 tao10

荘厳なオープニングから、「浮世絵を本物のように」などリクエストを受けて作られた“波の演出”といったチームラボの映像美に加え、世界的なファッションデザイナー・コシノ ジュンコさんが手がける衣装も見どころの1つ。

tao14 2

コシノ ジュンコさんは、7年ほどTAOの舞台衣装を手がけ続けており、デザインした衣装は数千点にのぼるのだとか。今回は、未来的な侍甲冑をイメージした新衣装や、過去に作ったけれど舞台で使用しなかった幻の衣装なども着用するそう。

tao17 tao11

コシノ ジュンコさんが「動く良さ、肉体を魅せる美しさ」を心がけているというTAOの衣装。今回の公演では、まさしく万華鏡のように何パターンもの衣装が登場し、ダイナミックな動きに合わせてひらめく様子に目を奪われます。

tao15 tao9 tao6

そして、TAOの魅力として外せないのは、その肉体美! 力強く太鼓を叩く腕、背中、腹筋が、コシノ ジュンコさんが力強さと輝きを意識しデザインしたメタリックな装飾などで引き立てられ、TAOならではの美しい肉体美を堪能できる! 

tao16

さらに、今回の公演の劇場であるオルタナティブシアターは、座席数が約400席。ステージが近い会場だからこそ、目で楽しむことはもちろん、和太鼓の振動まで体中に感じることができる体感型のエンターテインメントとなっているんです。


動画:teamLab×DRUM TAO『万華響-MANGEKYO-2018』ダイジェスト
https://youtu.be/RzO8dsgLZ8w[YouTube]

すべてが融合し、和楽器の音色と臨場感を体感できる『万華響-MANGEKYO-2018』は6月20日まで上演中。日本人の遺伝子に染み付いている和太鼓の音色が、また新たな感覚として呼び起こされるかも。

【Revolutionary New Drumming Entertainment in Tokyo 万華響-MANGEKYO-】
開催期間:2018年5月19日(土)~6月20日(水)
会場:オルタナティブシアター(有楽町)
東京都千代田区有楽町2丁目5番1号有楽町マリオン(有楽町センタービル)別館7F
出演:DRUM TAO(ドラム タオ)
入場料:
◎SS席・車イス席:9,500円/S席:8,500円/A席:7,500円(全て税込)

公式サイト:
https://mangekyo-tokyo.com/

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy