体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マイケル・ジャクソンの死がウェブニュースに与えた衝撃

hitwize_2

マイケル・ジャクソンの死を、世界中のあらゆるメディアよりも速くスクープしたのは、アメリカの芸能ゴシップサイト『TMZ』でした。

『Hitwize.US』の調査によると、この記事で『TMZ』は過去3年で最高であり、前日比約5倍のアクセスを記録したそうです。それまでの『TMZ』の過去最高記録は、2009年2月8日に、クリス・ブラウンに暴行を受けたリアーナの顔写真を掲載したときでしたが、マイケル・ジャクソンの死はそれよりも18%も上回っています。また、この記事によって初めて『TMZ』を訪れた人は前日比で19%も増えており、新しいユーザーの掘り起こしにも成功しています(すべての画像を見る)。

hitwize_1

でも、この記事でアクセスを稼いだのはむしろ他のニュースサイトでした。この日に、アクセスが多かったニュースメディアサイトは『Yahoo! News』『CNN』『MSNBC(MSN)』『Google News』の順で、『TMZ』をはるかに上回っています。また、『MSNBC』と『CNN』は訪問者数の前日比で、それぞれそれぞれ67%、64%の増加を記録。いずれも、前日比のアクセスの伸びでは過去最高となりました。

紙やテレビの時代では、“スクープしたメディア”が売れる仕組みでしたが、インターネット上では、“スクープしたメディア”と“ニュースを広めるメディア”の役割分担ができています。必ずしも“スクープしたメディア”だけが売れる(アクセスを稼ぐ)わけではないということ、そして情報の広まり方がわかりやすい形で数字に現れています。

tmz

ちなみに、マイケルの死を伝えた『TMZ』の記事のタイトルは「Michael Jackson Dies」といたってシンプル。飾り気のない言葉が、かえってその言葉の意味することを重々しく感じさせます。『TMZ』は、リアーナの顔写真を掲載したときにも「ロサンゼルス市警関係者のリークがあったのでは」と噂されていましたが、独自の情報網を持っているとされています。今週に入っても、『TMZ』ではマイケル・ジャクソン関連ニュースが毎日アップされています。

『Hitwise US』によると、先週に「Michael Jackson」で検索された回数は、前週比で1万8073%増えたそうです。まだまだこれからも、メディアを舞台にしたマイケル・ジャクソンの“ラスト・ショー”は続きそうです。
 
TMZ http://www.tmz.com/
 
 

■こんなニュースもあります
ポウーッ! マイケルの愛猿・バブルス君のゆくえが判明!
新刊著者にきく:6月30日発売『えどふみ滅』(とびら出版)えどふみさん
約3割がニュースやブログで“衝動買い”を経験 ビルコム調査

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会