体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カプセルトイ:バンダイから1000%スケールの“ダンゴムシ”フィギュア登場! 2年間の研究で丸まる体を再現

bandai

バンダイは、ダンゴムシの構造を徹底研究して丸まる体を再現したカプセルトイ『だんごむし』(全3種、1回500円)の発売を発表。2018年8月第5週より、全国の玩具売場・量販店などに設置されたカプセル自販機で販売されます。

bandai

世界初、1000%スケールモデルの“ダンゴムシ”カプセルレス玩具となる本製品。自販機から丸まった状態(直径約74mm)でそのまま転がり排出され、広げると歩行時の形状(全長約140mm)になるのが特徴。

bandai bandai bandai

ラインアップはノーマルの『だんごむし』に加え、実在する『青いだんごむし』、『白いだんごむし』の3種で、主なターゲットは子どもの頃にダンゴムシで遊んだことを思い出して欲しい15歳以上の男性とのこと。

バンダイによると、昆虫が苦手な開発担当が、さまざまな文献や図鑑などでダンゴムシ特有の複雑な構造を徹底研究しながら試行錯誤。カプセル玩具の開発期間としては異例の2年という歳月をかけてダンゴムシが丸まる様子を完全再現したそうです。

bandai

いろいろとツッコミ所が満載の開発秘話ですが、1回500円でレバーを回し、その不思議な構造に魅了された子ども時代を回想してみては。

なお、6月7日(木)~10日(日)に東京ビッグサイトで開催される『東京おもちゃショー2018』のバンダイブース(西2ホールブースNo.2-01)内で、本製品が展示される予定です。

(c) BANDAI

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。