体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イラスト投稿サービス界に異変? 大移動するpixiv民の安住の地となるのか『創作SNSギャレリア』運営・川合氏に聞く

dsc07338

イラスト投稿SNS大手の『Pixiv』社長が、元アイドルの女性にセクハラを行い提訴されていたという報道があった。Twitterで「Pixiv」と検索すると、次いで「退会」が表示されるなど、今回の騒動に不快感を示すユーザーが相次いでサービス退会するなど、大きな波紋を呼んでいる。

Pixivにイラスト等の作品を投稿しているユーザーが移転先を探す中、とあるユーザーがTwitterに投稿したつぶやきが話題に。

イラスト投稿サイト「創作SNS GALLERIA」の操作性を分かりやすく紹介しており、現在1万2千を超えるRT、1万8千以上のお気に入りを記録。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-06-01-14-27-05

https://galleria.emotionflow.com/

このつぶやきをきっかけに、「創作SNS GALLERIA」への登録は急増。運営会社が「サーバー負担によるアクセス遅延のお詫び」を出すなど大きな反響を得ている。

今回、ガジェット通信編集部は「創作SNS GALLERIA」の立ち上げから運営を行う川合氏にインタビューを敢行。開発のきっかけや、他サイトに無いこだわりなどを聞いた。

dsc07312

――現在「創作SNS GALLERIA」にユーザー登録する方が増えているそうですが、どのくらいのペースで増えているのでしょうか?

川合:今は1日数千人のペースで新規登録いただいており、先日は1日で五千人の登録が’ありました。

――1日で5千人! それは「創作SNS GALLERIA」の歴史の中でもかなり多いのではないでしょうか?

川合:このサービスを立ち上げてもうすぐ8年になるのですが、今までで一番大きい反響です。と、いうのも正直立ち上げてからずっと鳴かず飛ばずで(笑)。私は「手書きブログ」というサービスも開発しているのですが、「創作SNS GALLERIA」立ち上げ当初は「手書きブログ」の人気もあって流れてくる方も多くて、その後はPixivさんや他社サービスと比べたらずっと低空飛行でした。去年の12月に大幅なリニューアルをしたら、以前より登録者の増加ペースが2倍になるという明るい兆しはあったのですが。

――今回の騒動を受けて、一気に登録者数が増えて驚かれたのではないですか?

川合:それが、この件が明らかになって急激に登録者数が増えたわけでは無いんです。皆さんがそれぞれイラスト投稿の移転先を探していたかと思うのですが、そんな時とあるユーザーさんが、「創作SNS GALLERIAの良いポイントまとめ」といったつぶやきをTwitterに投稿してくださって。それをきっかけに一気に増えました。そのまとめがすごく分かりやすくて、サービスを開発して運営している自分はこんな上手な紹介の仕方が出来ないのに、すごいなあ、ありがたいなあと感謝しきりです。

――「創作SNS GALLERIA」の一番のこだわりポイントはどんな所にあるのでしょうか。

川合:「見せたい」という欲求を一番大切にしようと開発しました。何か物を作って、誰かに見てもらって、褒められたり理解されたいというのはすごくプリミティブな欲求だと思います。それを応援したいという気持ちがあったので、常に見せる側の気持ちが優先されるよう気をつけています。例えば、広告を作品より上に出さないという事は徹底しています。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy