体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『シッチェス映画祭2018』日本開催決定 『リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ』が初上映[ホラー通信]

『シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2018』が開催決定。2015年以来、3年ぶりの復活を果たす。

スペインで毎年開催されるファンタスティック映画祭『シッチェス映画祭』からよりすぐりの作品を日本で上映する同イベントは、ホラー監督のイーライ・ロスが俳優として主演を努めた『アフターショック』や、ホームインベージョン・スリラーの良作『ボーグマン』、ジョー・ダンテ監督×アントン・イェルチンのゾンビコメディ『ゾンビガール』などなど、ユニークな作品を日本に送り出してきた。

果たして今年の上映作品は……?

ラインナップ第一弾として発表されたのは、『リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ JEEPERS CREPPERS3』。フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮、カルト的人気を誇るホラー映画『ジーパーズ・クリーパーズ』(2001)シリーズ最新作となる。
23年に一度、23日間に渡って人間を食い殺す伝説の怪物・クリーパー。あるトラックからおびただしい屍が発見されたことにより、クリーパーVS特殊部隊の血で血を洗う闘いが勃発する。果たして人々はシリーズ三作目にしてクリーパーを永遠に葬り去ることが出来るのか!? 第1作で主人公を演じたジーナ・フィリップスがシリーズに復活。TVドラマ『ウォーキング・デッド』の製作陣がスタッフに加わる最強布陣で期待が高まる。

そのほか、上映される残り5作品は追って発表される。個性豊か、且つ強烈な作品が揃う同イベントだけに、続報を楽しみに待ちたいところだ。

概要

『リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ JEEPERS CREPPERS3』
●監督・脚本:ビクター・サルヴァ『ジーパーズ・クリーパーズ』シリーズ
●出演:スタン・ショウ、ガブリエル・ホウ、ブランドン・スミス ●2017/アメリカ/英語/100 分

『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2018』
会期:2018年10月
会場:ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマ・スコーレ 他
料金:通常料金:1500円 専門・大学生、シニア:1100円 高校生以下:1000円

公式サイト:https://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/

ホラー映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。