体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バンコクにオープンした“メイのレストラン(May’s Garden House Restaurant)”は『となりのトトロ』がテーマのジブリ公認レストラン タイ旅行の定番観光スポットになりそう

スタジオジブリのレストランと言うと、三鷹の森ジブリ美術館の中にある“麦わらぼうし”が真っ先に頭に浮かぶ人がほとんどだと思います。ところが、“世界初となる『となりのトトロ』をテーマにしたジブリ公認レストラン”があるのをご存じですか? 知らなくても当然だとは思います。なぜなら、このレストランは日本国内ではなく、タイ王国にあるのですから。

このジブリ公認レストランは、“メイのレストラン(May’s Garden House Restaurant)”という名称で、タイのバンコクにプレオープンしています。『となりのトトロ』が劇場公開された1988年4月16日から30年後の、2018年4月16日にプレオープンという粋な誕生秘話があったりもします。

“メイのレストラン”公式『Facebook』には、お店が誕生したエピソードが以下のように紹介されています。

タイ東部・コーラット州パクトンチャイ村。おそらく日本人は誰も訪れたことがないその地に、年に数回も足を運ぶ人がいる。スタジオジブリの鈴木敏夫である。様々な偶然が重なって、パクトンチャイにたどり着いた鈴木は、その風景を目にして、自分の子供の頃の日本の田園やトトロの世界を思い出した。さらに、生粋の名古屋人である鈴木を驚かせたのは、小さな店で売っていた手羽先。その味が忘れられずまた足を運んだところ、女性店主から、田舎の小さな村でお客さんが集まらないので、まもなく閉店すると告げられる。都会だったら、絶対大受けする味なのに……。

たまたま、女性店主・カンヤダのニックネームがメイだったこともあり、鈴木は思いついた。都会の人たちに、この店の素朴な味を、そしてその味を作り出しているメイたちの家族愛を、パクトンチャイの田園風景を思い描きながら味わってもらいたい、と。その思いから生まれたのが、この“メイのレストラン”である。


May's Garden House Restaurantさん(@maysgardenhouse)がシェアした投稿 – 2018年 5月月8日午後8時28分PDT

https://www.instagram.com/p/Bi-_FAqDhjY/?taken-by=maysgardenhouse
レストランに入ると、大きなトトロがお出迎え。


May's Garden House Restaurantさん(@maysgardenhouse)がシェアした投稿 – 2018年 5月月15日午前3時42分PDT

https://www.instagram.com/p/Biy4zu_DJJO/?taken-by=maysgardenhouse
もちろん、メイもいます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。