体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気のグランピングを“出不精超インドア”ライターが体験!

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行でっす!

あなたは“グランピング”という言葉を知っていますか?
私は恥ずかしながら全然知りませんでした!
ス〇ッ〇ングなら、とある夫婦の生態として取材したことがあるのですが……。

“グランピング”というのは、「グラマラス」+「キャンピング」を合わせた造語なのですね。
いやぁ~、“草食系男子”にしても、“アベノミクス”でも、“オヤジ涅槃で待つ”でも、“友人の友人がアルカイダ”にしても、素晴らしいセンスですね。

僕なんか造語を生み出したとしても、“木屋町DARUMA”くらいのセンスしかありませんからね……。

私、実は裏社会ライターと言いながら、超インドアの“できればお外に出たくない人間”なんです。

今回は、妻からの提案で、ウチの家族と友人のS家族で、京都で初のグランピング施設『GRAX』へと遊びに行くことになりました。あまり乗り気ではない私を引っ張っていこうとする妻。

虫嫌いでめんどくさがりのインドアの申し子・丸野は仕方なく行ってきましたよ、もう……。

手ぶらでキャンプ気分を味わえる“グランピング”

グランピングとは、テント設営も料理の材料も自分で用意する必要がない、手ぶらでお気楽にキャンプを楽しめる施設のことらしいのです。キャンプ飯の材料とレシピ、飲み物、テントなどの宿泊施設も、しかもシャワーや入浴施設まであるのですから、じゃあ、ほとんどホテルやないかいと。

愛車に乗って、京都市内からグランピング施設『GRAX』がある『るり渓温泉』まで、1時間半ほどの道のりをひた走ります。

高速にのりまして、京都府南丹市園部にあるるり渓温泉。いやぁ~見渡す限り、山・やま・ヤマ。ザッツ田舎。
いや~ちょっと遠いし。Wi-Fiが全然入らないし、燃費が悪いし、駐車場が広いし、日差しがキツい! 

「ひょっとしてボットン便所とかじゃないだろうか?」という潔癖症の危機感があったのですが、『GRAX』の施設を見てみると、いやこれは、なんだかキレイじゃないか。

へんな虫とか出てこないかなぁ……という不安を抱えながら、周囲を見渡していると、

「チェックインの時間は14時やし、ちょっと時間空いているので、遅めの昼食にしようか?」ということに……。

「カップヌードルの自販機とかが並んでいるのかなぁ」と予想していたのですが、るり渓温泉というのは、かなり施設がしっかりしていまして、食事するレストランのメニューも非常に多いんですね。

ビールが飲めるし、つまみがうまいし

なんだこれは、ことごとく予想を裏切られている! ここは、昼から飲んだくれられる夢の山なのか。
※しかもボットン便所でもなく、清潔な水洗トイレでした

チェックイン後に広がる施設のゴージャスさ

このるり渓温泉にある『GRAX』には、2種類のグランピング施設がありまして、トレーラーハウスやゴージャスなテントがある集落と、コンドミニアムのような宿泊施設と別れておりまして、私たちが泊まるのはこちらです。イメージしていたのと違う……

<写真:高台にある建物>

まるで別荘ですね、これは

チェックインカウンターで手続きをし、中へと進むと、そこは行ったことないけど、まるでハワイの別荘地みたいでした。

<写真:メインフロア>

<写真:ここでキャンプファイヤーをして、欧米人みたくマシュマロを焼いて食べられる>

<写真:借りましたお部屋>

部屋はもう一流ホテル並みのサービス満載


<写真:お部屋内部全体>

<写真:とにかく広い>

<写真:座敷童が見える2階部分>

<写真:2階ベッドルーム>

<写真:バスルーム>

<写真:オシャレなハンモックのお庭>

その他、100インチのプロジェクターやミニバー、冷蔵庫にはウィルキンソンの炭酸水やジュースなどがたんまりと入っていますし、これねぇ、ちょっとテンションあがったっきり、もう戻ってこなくなってます。

注目のディナーなどはどうなるのか? 午後2時からもうすでに気になって仕方なくなってきました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy