体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タレント&キャラクターデザイナーの二足のわらじを履く理由は? 若槻千夏「難しい作業にも楽しさのかけらがある」

chinatsuwakatsuki_01

現在もタレントとしてテレビを中心に活躍中の若槻千夏さんですが、クマをモチーフにしたキャラクター『KUMATAN(クマタン)』のデザイナーとしても一面を持っています。そんな若槻さんが、『サントリー 南アルプススパークリング』のWebキャンペーン「#スイッチしよう」に出演しています。

ここでは、タレントとキャラクターデザイナーの2つの顔をもつ若槻さんにインタビュー。一度タレント業を休止した時の心境や、『KUMATAN』に賭ける想いなどを語って頂きました。

chinatsuwakatsuki_02

――若槻さんはまずグラビアでデビューされて、テレビのバラエティー番組でも活躍されました。

若槻千夏(以下、若槻):17歳で渋谷の109の交差点でスカウトされたのがきっかけで、19歳から20歳くらいでテレビのバラエティーに出るようになりました。もともとテレビに出ることが目標だったのですけれど、忙しくなって、若かったこともあって、「自分がやりたかったことはほんとうにこれだったんだろうか」と壁にぶつかったんです。テレビに出演することは楽しいことだけだと思っていたら、MCの人やほかに出演している芸人さんとのやりとりとか、レベルの高い人たちを目の前にして、ちっぽけな自分に気付いてしまったんですね。だから「自分はバラエティーに向いているんだろうか」と。こう見えて根が真面目で悩みやすいタイプなので(笑)。そういった小さい自分から「ちょっと変わりたいな」という気持ちがだんだん出てきたんですね。

――テレビの出演を一度やめて、他のことに挑戦したいとなったのですね。

若槻:事務所の人に22歳の時に「ちょっと1回お休みして、いろいろチャレンジしたい」といった話をしたんです。その頃に若い子が「好き」というレベルで洋服が好きっていうのがあって、「何かできる気がする」となって、古着の買い付けに行くことをその場で勢いで決めたんです。それで、芸能界を一度休みました。

――その時の周囲の反応はいかがでしたか?

若槻:やっぱりみんな反対しましたよね。会社に勤めている人もそうだと思うんですけれど、休むとか辞めるとかは人に迷惑をかけることなので。だから、中途半端な気持ちじゃないっていうのを伝えるのがすごく大変でしたね。

――どんなふうに反対されましたか?

若槻:当時バラエティー番組のレギュラーを8本くらいあったので、「何で辞めるの」とまず言われました。それを降りてまでやる成功率はあるのかと。「今頑張らないでどうするの?」とめちゃめちゃ言われました。だけど、私は逆に「戻ってきて、倍にしたらよくないですか」って思っちゃったんです。マイナスなことをめちゃめちゃ言われるんですけど、それをプラスに変えていかないとできない気がして。だから、ネガティブなことを言われても、びくともしなかったですね。

――そういった声を押し切ってまで、服の買付けに行こうと決意した瞬間はありましたか?

若槻:住んでいたマンションと車を売ったときです(笑)。「もう日本にはいれない」とまで自分を追い込んで。やっぱり大口叩いて帰った日の夜に悩むんですよ。だけど、「これはもう自分で気持ちを負けずに追い込んでいかないと駄目だ」と思って、マンションを解約して車を売って、もう何もない状況にしてやりましたね。

chinatsuwakatsuki_04
1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy