体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「たまにどころじゃなくいる」「だから楽しい」 『Twitter』の謎ルールユーザーを風刺するマンガに反響多数

twitter_mendou_01

『Twitter』ではいつの間にか「フォロー外より失礼します」といったリプライがルール化している人も多く見かけますが、『あの娘と目が合うたび私は 社会人百合アンソロジー』(KADOKAWA)にマンガを寄せるなど活躍している鈴木先輩さん(@suzuki_paisen)が「ツイッターはこういうタイプがたまにいる」と題した4コマを発表。多くの共感を集めていました。


「無言フォローやめてください!するならリプかDMください!」「無言フォロー反応しません!絡む気ないでしょ!」というだけで面倒くさい人だなと感じますが、「絡みない人ブロックします!されたくない人はコメントして!」から「フォロワーさん最近減ってる……ツイッターやめようかな……やめてほしくない人はRTかいいねください」とまで来ると“かまってちゃん”が過ぎるのでは、と感じてしまいます。

このマンガには「たまにどころじゃなくいる」「激しく共感した」といった声が多数集まっていたほか、「自分だ……」と我が身を振り返る人も。あるユーザーは現在の『Twitter』のあり方について次のようにツイート。


Twitterはこうあるべき論を展開する輩がたまにいるけど、どう使うかは個人次第だし、それを他人に示して暗にそうしろと言っているのはよろしくないかな~と思ふ。

他にも、「巻き込みやめろも謎ルール」「リムったらリムるマンもいる」といったユーザーもいるといった声も多数上がっていた鈴木さんのマンガ。一方で「そういった面も含めて『Twitter』は楽しい」という人がいて、ある意味で人間社会の縮図が現れていることを示しているのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/suzuki_paisen/status/999466225166991361 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy