体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初のChrome OSタブレット「Acer Chromebook Tab 10」が登場

世界初の Chrome OS を搭載したタブレットデバイス「Acer Chromebook Tab 10」が今月 23 日に米国・ニューヨークで開催されたAcer のイベントで披露されました。
Chromebook Tab 10 は教育機関向けに開発された Chrome OS タブレットで、Android アプリの実行をサポートしているので、Android タブレットのように使用することもできます。
製品は Google Expeditions AR や Google ARCore、Chrome 管理コンソールでの管理に対応しており、さらに、ワコムの EMR ペンが標準で付いてくるので、手書きノートやイラストの作成、画像への書き込みをタッチペンで行うことができます。
ディスプレイサイズは 9.7 インチ 2,048 x 1,536 ピクセルなので iPad と同じサイズ感の製品です。
質量は 550g と重たすぎるわけではありません。
プロセッサは Rockchip OP1 を採用。
メモリは 4GB RAM + 32GB ROM で、前後にカメラを備えており、ARCore アプリを使って遊んだり学習することができます。
他にも、USB Type-C コネクタや Micro SD カードスロットを装備しており、バッテリー駆動時間は約 9 時間。
Wi-Fi は IEEE802.11ac に対応しています。
Chromebook Tab 10 の価格は $329 前後からとされていますが、発売時期は公表されていません。
Source : Acer

■関連記事
OAタップの口が無駄にならないスリムな4ポートUSB充電アダプタ「AICase」のレビュー
Huawei、ブートローダーのアンロックコードを払い出すサービスを終了へ
ZTE Axon 7向けのAndroid Oreoファームウェアが流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。