体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「身に余る幸運の裏で嫉妬や憂愁から永遠に逃れられない」真の孤独を噛み締めた夜! 悲しみを祈りに変えて生きる妻を襲った“謎の病” ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「悲しみを祈りにかえて」妻の切なる願い

六条院の女性方との合奏で見事な腕前を発揮した紫の上。どこをとっても非の打ち所がない彼女も、今年37歳の大厄の年。源氏は何やら得体の知れない不安を感じます。

「私は幼い頃からとても恵まれた幸せな人生を送ってきたが、一方では誰よりも悲しい目にもあってきた。母や祖母とは早くに別れ、その後もさまざまな悲しい別れに立ち会った。でもその悲しみのおかげで、今日まで生き延びているのだと思う」。

更に、京を離れた数年以外は、紫の上に”実家暮らしのような”安心できる生活を約束してきたと言い、思いがけず女三の宮との結婚があったが、それも結果的にはあなたへの愛情を再確認するための過程でしかなかったと訴えます。だいぶ都合のいい解釈ですね。

それでも、紫の上には源氏の言いたいことがよくわかりました。「おっしゃるように、身内に縁の薄い私には身に余る幸せな日々でした。そして殿と同じく、私もずっと心に堪えかねた悲しみを祈りにかえて、生きているような気がします」。

まだ言いたいことがあるけど……という感じで、彼女は少し間を置き「本当のことを言うと、どうも先が短いような気がするの。だからどうか出家のお許しを下さい」。しかし源氏はとんでもないと、請け合いません。

「自分の浮気心のせいで…」過去の女性遍歴を反省

話をそらそうと、源氏は過去の女性遍歴を語り出します。「年をとるにつれて、優しく賢く落ち着いた……理想的な女性はなかなかいないと思うようになった。

夕霧の母・葵の上とは若すぎる結婚をして、お互いに意地の張り合いばかりで終わってしまった。私も悪い所があったが、あちらは真面目で堅苦しく柔軟さに欠けた。しっかりしていて立派だったが、夫婦としてはやりづらい人だった」。彼女のこの性質は、息子・夕霧にしっかり遺伝しているような気がします。

「秋好中宮の母・六条御息所は稀に見る才媛で、大変優れた人だったが、恋人としてはなかなか厄介な人だった。プライドが高くて繊細で、思いつめる性格だから一緒にいても気が休まらない。

若かった私は、年上の彼女の前でいつも背伸びをし、それに疲れて足が遠のいた。でもその後も葵祭の車争いで彼女にひどい恥をかかせてしまい、そのことを深く恨んでいたのを知って、更に恐ろしくなって……」。

更に源氏は幾人かの女性たちのことを語り「でも結局は、私の往来の浮気性がこうした因縁を作って、残念な結果を生み出している」とまとめます。わかってるけど、どうしようもない女癖です。

このあと2人は明石の上が素晴らしいことなどを話して終わり、源氏は「宮のところへ上手に弾けたお祝いを言いに行こう」と寝殿へ。宮は自分のせいで紫の上が悩んでいるとは思いもよらず、今日も独りでお稽古に励んでいます。

源氏はその熱心さが微笑ましく「琴も疲れているから、今日はもうお休みだ。よく教えた先生にもご褒美を下さいね」。そういって琴をどけて寝台に入ります。

嫉妬に憂愁、孤独…ひとり絶望を噛み締めた夜

一方、紫の上は、女房の物語の読み聞かせを聞いていました。宮の輿入れ以降、源氏のいない夜はこんな風に過ごすのが習慣になっていました。物語にはいろいろな男と女が出てきますが、すったもんだが繰り広げられても結局、最後に主人公とヒロインが結ばれておしまいです。

紫の上は「いろんな展開をしたところで、どのお話も結末は決まっているらしい。でも私はそうなれなかった。殿のただひとりの妻として居続けることができなかった。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy