体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BitSummit Volume 6:『PLAYISM』が7周年で『LA-MULANA 2』や『ケロブラスター』Switch版などを出展

BitSummit Volume 6:『PLAYISM』が7周年で『LA-MULANA 2』や『ケロブラスター』Switch版などを出展

5月12日から13日にかけて京都・みやこめっせで開催されたインディーゲームの祭典『BitSummit Volume 6(ビットサミット ボリューム シックス)』。会場ではインディーゲームシーンの成長を受けて、インディーゲームを専門に扱うパブリッシャーの存在感が大きくなっていることを実感しました。特に注目を集めていたのが、PCゲームのパブリッシャーとして始まり、海外向けの『Steam』での展開、『Kickstarter』プロジェクトの成功、コンシューマー機へのパブリッシングと実績を上げてきた『PLAYISM』。7周年を記念したプロジェクトの発表と展示について、『PLAYISM』の水谷俊次氏に解説していただきました。

Switch版『ケロブラスター』

bs18playism2

『洞窟物語』で知られる開発室Pixelの『ケロブラスター』は、2013年の第1回『BitSummit』でサプライズ発表された作品。iPhone版、PC版、PlayStation 4版がリリースされていますが、今夏リリース予定のNintendo Switch版が出展されました。「Switch版として特典があるわけではないですが、非常に遊びやすくなっています」(水谷氏)。

【PLAYISM】ケロブラスター トレーラー 日本語 by 開発室 Pixel(YouTube)
https://youtu.be/BwCiB19S9uw

「自分が作りたいゲームを作ろう」 日本のインディーズゲームを世界へ発信するイベント『BitSummit』レポート
http://getnews.jp/archives/298243[リンク]

PS Vita版『NightCry』

bs18playism3

名作ホラーゲーム『クロックタワー』のディレクター・河野一二三氏による『クロックタワー』の“精神的続編”として、『Kickstarter』プロジェクトを成功させた後、2016年にPC版が配信された『Nightcry』が、PS Vita版で2018年に発売されます。「もともとはVitaとスマホ向けに出す予定だったのですが、ついにVita版で出します。コントローラーで操作できるので遊びやすくなっています」(水谷氏)。

サム・ライミも絶賛 『クロックタワー』の精神的続編となるインディーゲーム『NightCry』PC版が3月29日に発売決定
http://getnews.jp/archives/1432795[リンク]

bs18playism4

会場ブースには、ゲーム中に登場する不死身の怪物“シザーウォーカー”のフィギュアも展示。「Vita版に合わせて出す予定だったので、こちらもついに出ます」(水谷氏)。

インディーホラーゲーム『NightCry』の“シザーウォーカー”がフィギュア化決定 コミコンで先行展示を開始
http://getnews.jp/archives/1839659[リンク]

NightCry First Teaser(YouTube)
https://youtu.be/QdrdMAGVAMY

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。