体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「あまりにも理想的な人は長生きしない」朝から晩まで猛特訓! 女性だけの弦楽四重奏の後に夫が感じた暗い不安 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

恥をかいたら大変だ!朝から晩までの猛特訓開始

一気に歳月が流れた物語の世界で、源氏の兄・朱雀院も、来年50歳を迎えることになりました。当時で言えば結構長生きです。「私の寿命もあとどれくらいかわからない。この世に未練はないが、ぜひ女三の宮だけには会いたいなあ。大げさでなくていいから、会いに来てほしいよ」。

源氏は、せっかく会いに行くのに手ぶらではつまらないと、芸術方面に明るい兄が喜びそうな催しを企画します。早速、夕霧や髭黒の子たちを集めたお遊戯や、優秀な楽師による演奏の準備が始まりました。

朱雀院はこれをたいそう喜んで、更に「そういえば、宮の琴(きん)は上達したかな。子供の頃に私がいくらか教えたが、あの光源氏と結婚したのだから、きっととても上手になっているだろう。来てくれた折には一曲お願いしたいものだ」。

ところが、予想に反し宮の腕前はサッパリ。源氏もこれまで時々教えては来たものの、とても人前で披露できるようなレベルには達していません。

「恥をかいたら大変だ」と、源氏は慌てて楽譜を選び、特訓を開始しました。昼間は人の出入りが多いので、夜間の集中練習です。

もう年の瀬の慌ただしい時期。お正月の準備でバタバタしている紫の上もこれを了承し、「上達されたら是非ゆっくり聞かせて下さい」。OKをもらった源氏先生のレッスンは加熱し、夜のみならず、一日中練習に明け暮れる日々が続きました。

「よく頑張りました!」先生の太鼓判にニコニコ

琴(きん)は、奈良時代に日本に入ってきた楽器です。が、すでに平安時代には廃れていたらしく、物語中では源氏や女三の宮、末摘花など、皇族の血を引くごく少数の人物のみが演奏します。親しみやすいが極めるのが難しいのが和琴なら、琴は古に伝わる選ばれし者の楽器、という感じでしょうか。

世にも珍しい父の琴の演奏が聞けると聞いて、明石の女御はおめでたを理由に里帰り。宮の裏手の寝殿の部屋で、源氏の琴を聞いては「私にも教えてくださったら良かったのに」と悔しがっています。彼女はともかく、紫の上は宮といとこ同士なので、教えてもらっても良さそうなものですが……。

ほどなく年が明け、源氏47歳の年。朱雀院の50歳のお祝いの日時も決まり、その前にリハーサルとして、六条院の女性方とセッションしてみよう、ということになります。

紫の上がいつもあなたの演奏を聞きたがっているし、うちには楽才のある人が集まっているからぜひ女楽をやってみたい。あなたも古き良き時代の音色に近い演奏が出来るようになってきた。よく頑張りましたね」。

太鼓判を押されて、宮は嬉しくて「私、上手になったんだわ」とニコニコ。「何にも考えてない」と今までディスられてばかりでしたが、今回は逆にその素直さが功を奏したのかも。結構集中力もありそうですし、やればできる子です。

女三の宮も、もう21~2歳ですが、性格も見た目も相変わらず幼く、大人のレディには程遠い。源氏だからこそなんとかフォローして取り繕っているものの、周りの女房たちの不安や心配も改善されないままでした。

全員ドキドキ!女性だけの弦楽四重奏

お正月が一段落し、梅の花も盛りになった夕べ、ついに女性だけの弦楽四重奏アンサンブル(女楽)が開催。紫の上が和琴、女三の宮が琴(きん)、明石の女御が箏(そう)、明石の上は琵琶を担当します。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy