体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デッドプール「変な声」発言をベッカムに謝罪 W杯予選敗退のあの国にもdisが飛び火!?

deadpool

マーベルの最凶ヒーロー“デッドプール”が、サッカー界のレジェンドと夢の共演。公開1週間で1700万回再生(公式のみ)を突破した特別映像の日本語字幕版が到着した。

デップーがベッカムにガチ謝罪/映画『デッドプール2』(YouTube)
https://youtu.be/pKx4F8Vck1A

映像の中でデップーが訪問したのは、サッカー元イングランド代表デヴィッド・ベッカムの自宅。2016年公開の映画『デッドプール』で「ベッカムの声、変だよな? ヘリウム吸ってるのかな」と揶揄した気まずい相手に、2年越しのお詫びにやって来たようだ。

クッキーとミルクを用意して謝罪に訪れたが、無言で門前払いをくらうデップー。ヘリウムガスで声色を変えて「また来ちゃった」とおどけてみたり、「愛する人、許しておくれ~♪」とメキシカンのリズムで謝るも、ベッカムのイライラが募るばかり。

リーサルウェポンとして持参したのは、2018FIFAワールドカップの観戦チケット。イタリアvsオランダ戦という夢のカードだ。いや、どちらも予選で敗退してますから!

なぜか憎しみを忘れて「もう怒ってないよ」とデップーの謝罪を聞き入れる男前のベッカムだったが、ここからまさかの反撃を開始。「君が謝るべきは、『グリーン・ランタン』、『ゴースト・エージェント/R.I.P.D』、『セルフレス/覚醒した記憶』、『ブレイド3』、『ザ・ブレイン』」とライアン・レイノルズ出演作を次々に挙げて罵倒していく。二人は無事に仲直りできたのか……!?

6月1日(金)公開の映画『デッドプール2』では、未来からやってきたマッチョなクソ野郎“ケーブル”と出会ったデップーが、最強チームのXフォースを結成。友情やファミリーの絆を大事にする“良いヒーロー”に生まれ変わったという噂もあるが、果たして……。

(C)2018Twentieth Century Fox Film Corporation

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。