体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

戦後日本の異様な対米従属の「正体」とは? 『国体論』白井聡さんに聞く(1)

戦後日本の異様な対米従属の「正体」とは? 『国体論』白井聡さんに聞く(1)

戦前の「国体」が天皇制を指すならば、戦後の「国体」は対米従属である――そんな衝撃的な主張をする、『国体論 菊と星条旗』(集英社刊)が話題となっている。政治学者・白井聡さんは、本書において、戦前と戦後の「国体の歴史」を比較しながら、今の日本の危機的な状況を分析する。戦前の悲劇のような破局に、戦後の国体は日本を導いていくのか? 白井さんにお話をうかがった。

(聞き手・文:金井元貴)

■「歴史は二度繰り返す」…戦前と戦後は「反復」している

――本書のテーマである「国体」という問題設定の経緯からお聞かせ下さい。

白井:日本は世界に類を見ないようなやり方でアメリカに依存し、従属しています。対米従属をしている国は世界中いくらでもありますが、日本は特殊である。従属しているのにしていないと思っているところがある。つまり、従属の事実を否認しているわけです。

それはなぜかと考えたときに、天皇制にその根源があるのではないかというところに行き着きます。『永続敗戦論』を書いている過程でそのことに気づき始め、『永続敗戦論』を出版した後も様々な人と議論をする中で、その確信が深まりました。

ですから、「国体」という言葉は死語になっていますが、実は戦後もずっと生き続けています。しかしもちろん、それはファナティックな天皇崇拝を強要した戦前のいわゆる国体と、全く同じものではない。なぜなら、それは敗戦を契機に、アメリカの手で再編成され、しかも、その後も常にアメリカが一枚噛んでいるという形で継続してきたわけです。だから、「戦後の国体」を考える際に、アメリカという要素は絶対に欠かせません。

そんなことを考えてきましたから、ここで一度、「国体の歴史」としての日本近代史をまとめないといけないと思ったんですね。

――冒頭に戦前と戦後の年表が対比される形で掲載されています。近代前半(戦前)の「国体」は天皇が中心であったことに対して、近代後半(戦後)の「国体」はアメリカが一枚噛んでいる、と。ただ、戦後の歴史の流れは戦前の歴史を反復しています。これは必然的なものなのでしょうか。

白井:ある意味で必然でしょうね。マルクスは「ヘーゲルはどこかで述べている。『歴史は繰り返す』と。『一度目は悲劇として、二度目は茶番として』」という有名な言葉を残していますし、ヘーゲル自身も歴史的な大事件や偉大な人物は二度やってくると『歴史哲学講義』の中で言っています。

では、なぜ二度起こるのか。それは、一度では納得ができないからです。出来事の影響が大きければ大きいほど、認知的不協和が高まりますから、当事者たちはなかったことにしたくなる。「あんなことが起こったのは偶然だ」と思い込みたくなる。

でも、大きな出来事というのは構造的必然性があって起きています。だから、一度やり過ごしたところで、もう一度起こってしまう。マルクスに言わせれば、「一度目で理解しろよ」という話なんでしょうけど、残念ながらみんなマルクスほど頭が良くはないので、繰り返されてしまう。

そう考えたときに、「国体」の歴史も同じように反復しているんです。第二次世界大戦で一度崩壊したけれど、日本人はその失敗に納得できていなかった。敗戦国の歩みについて、よくドイツと日本の比較が批判的な文脈で引き合いに出されますが、決定的な違いは「ドイツは二度、戦争に負けている」というところです。ドイツは第一次世界大戦でも敗北していますよね。これが日本との最も根本的な違いで、日本の国体はまだ一度しか崩壊していない。だから日本人は「国体」と決別できないのだと思います。

――それは第二次世界大戦が正しく検証されないまま、今に至っているということの裏返しということでしょうか。つまり自浄作用が働いていない。

白井:そうです。まさに安倍政権が、自浄作用の働いていないことのシンボルですよね。さすがに最近の動向で安倍政権の終わりも見えたように思えますが、それは相対的な問題で、安倍政権を長期・本格政権化せしめている日本社会の悲惨さのほうがよほど問題でしょう。

ちなみに、反復といえば、安倍晋三氏の首相登板は二度目です。こんな人が首相になってしまうのは、一度きりなら偶々だったと言えますが、こうして長期本格政権になったわけで、必然なのでしょう。悲惨な社会には悲惨な首相がお似合いです。ついでに、安倍氏は自らを岸信介の再来と見なしていますから、これも反復です。マルクスの言った「二度目は茶番」の典型例ですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。