体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レノボ・ジャパンがスタンドアロンVRヘッドセットとVR180対応カメラの発表会を開催 グリー『釣り スタVR』スクエニ『PROJECT HIKARI』など国内対応コンテンツがお披露目

レノボ・ジャパンがスタンドアロンVRヘッドセットとVR180対応カメラの発表会を開催 グリー『釣り スタVR』スクエニ『PROJECT HIKARI』など国内対応コンテンツがお披露目

レノボ・ジャパンは4月24日、スタンドアロンVRヘッドセット『Lenovo Mirage Solo with Daydream』(以下『Mirage Solo』)と、GoogleのVR映像フォーマットVR180に対応した二眼式カメラ『Lenovo Mirage Camera with Daydream』(以下『Mirage Camera』)の発表会を開催。国内向けの対応コンテンツをお披露目しました。

両製品の特徴・スペックはこちら

レノボがスタンドアロンVRヘッドセットとVR180対応2眼カメラを5月11日に国内で発売へ
http://getnews.jp/archives/2038497

mirageevent2

同社は、VR普及への3要素として「簡単さ」「リアルさ」「コンテンツ」を挙げ、スマートフォンやパソコンなどに接続せずにスタンドアロンで動作する『Mirage Solo』の“簡単さ”、Googleのモーショントラッキング技術“WorldSense”による“リアルさ”、そして日本のコンテンツパートナーと共創する“コンテンツ”が重要であると説明。

mirageevent3

“WorldSense”は、ヘッドセットに内蔵するジャイロセンサー、加速度センサー、電子コンパス、近接センサーにより、X・Y・Zの3軸とそれぞれの回転動作の6DoF(six degrees of freedom)に対応し、外部センサーがない状態で前後左右、しゃがむ/立つ/ジャンプといった体の移動を認識できる技術。“WorldSense”対応アプリケーションは320本以上あり、6DoF対応のアプリケーションは海外で50本以上、国内でも40本以上が利用できるとのこと。

mirageevent4

コンテンツの国内パートナーとして、国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア』代表で俳優の別所哲也氏が登壇。「360°映像の中でどういう表現をするのか。映像作家の間でも中心的議論になっている」「大きなスクリーンを独り占めできる点でも注目している」とVRへの関心を語り、同映画祭でのVR部門『VR SHORTS』の新設、同映画祭が推奨するVR作品12本を『Mirage Solo』購入者に特別価格でレンタル提供するキャンペーンの実施を発表しました。

mirageevent5

続いて、VRゲーム『釣り スタVR』を提供するグリーが登壇。最大6人でマルチプレイできる大会機能が特徴で、『Mirage Solo』では“WorldSense”によりVR空間をアバターが移動できることを紹介。

mirageevent6

スクウェア・エニックスは、漫画の世界をVR空間で体験できるコンテンツ『PROJECT HIKARI』を発表。漫画のコマが立体化し、視点を変えるとパースが変化したり、6DoFに対応することでコマの中に入り込むことができるなど、没入感のある漫画が楽しめるとのこと。

mirageevent7 mirageevent8 mirageevent9 mirageevent10 mirageevent11 mirageevent12

この他、映像系のVRコンテンツでは『Abema TV VR』と『dTV VR』、『360Channel』、人気アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』のキャラクターアプリ『このすば!めぐみんとおやすみVR』、理経による防災アプリ『避難訓練VR ~工場火災編~』、積木製作による建設現場のトレーニングアプリ、リビングスタイルによる家具のコーディネートアプリ『RoomCo AR』といった国内のコンテンツを紹介。

mirageevent13 mirageevent14 mirageevent15

『Mirage Camera』で撮影したVR180映像では、老人に昔の思い出をよみがえらせる『ジモトVR』、ポッカサッポロ、日本食育コミュニケーション協会、360Channelによる『100年先まで伝えたい食 ~おもいでごはんストーリーズ~』、大成建設による活用事例が紹介されました。

『Mirage Solo』『Mirage Camera』は5月11日に発売。価格は『Mirage Solo』が5万1200円(税別)、『Mirage Camera』が3万5800円(税別)です。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy